ノウハウ色々
モジュールいろいろ
リンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー


当サイト構築活用本
  (amazonリンク)

XOOPSコミュニティサイト構築ガイド

Customizing XOOPS

Googleマップ+Ajaxで自分の地図をつくる本

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

メイン
   《01》XOOPSノウハウなど
     その他でも迷走(1):frameかiframeか

スレッド表示 | 古いものから 前の記事 | 次の記事 | 下へ
話題
その他でも迷走(1):frameかiframeか
投稿者: fanrun7     投稿日時: 2008-8-1

今回の改造ポイントのひとつは、従来はイベントの詳細情報を表示するためのリンクをクリックするとその詳細情報のみが表示されていたのを、上段に索引のような情報、下段に詳細情報を表示することにより、ひとつのウィンドウ内で関連した検索などの操作を行えるようにする事である。

このサイトの最初のころは、フレーム構造でやっていたが、検索エンジンの発達に伴い、当サイトもxoopsを利用してフレームレスの構造に変えた。

しかし、そうはいっても、例えばその詳細情報がPDFである場合など、単純なhtml1面ではどうにもならないものもある。そこで、今回再びフレームを使うことを考えた。フレームを使う際のポイントとしては、(1)せっかく索引(上段)+詳細(下段)の構成にしたのだから検索エンジンのリンクからも索引+詳細の形式で呼び出されるようにしたい、(2)索引情報がスペースをとると詳細情報が見難くなるので「たたむ」手段を提供したい、の2点を考えた。

(1)については、phpでページを生成しているので、詳細情報画面が呼ばれた場合にリファラーが概要画面以外になっている場合は概要画面のurlに飛ばすようにした。技巧のある人であれば、いくらでも逃げてはあるが、一般にとって有効であれば充分である。

(2)については、当初frameにして、その高さをダイナミックに変更しようとしたが、索引画面から親のframesetの数値が操作できなかった。フレームのボーダーを利用者がいじれるようにしておく事はできるが、ボーダーの移動方法を知っている人がどの程度いるかと思うと、これでは満足できなかった。当初、なんとなく排除していた iframeであれば、充分に実現できそうなので、途中から変更した。

実は、ここでも、この後迷走した。iframeの中身をダイナミックに書き換えようとしたのだが、どうしても別ウィンドウに開いてしまう。散々、迂回策を考えたのだが、単純なミスであった。ようは iframe に id を指定して名前をつけたつもりだったのだが、name を指定してなかったのだ。お粗末!!!

実は先に書いたmyEncode/myDecodeは、frame形式のときに使おうとしたものなので、結局今回の改造では使わないことになった。また、その関係で途中のデータ中でhtmlタグでなくbbcodeで記述するようにスクリプトを書き直した。というように、行き当たりばったりで随分余分な手間をかけている。

スレッド表示 | 古いものから 前の記事 | 次の記事 | トップ
Copyright(c) 1996-2010 森を走ろう企画    powered by XOOPS