ノウハウ色々
モジュールいろいろ
リンク集
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー


当サイト構築活用本
  (amazonリンク)

XOOPSコミュニティサイト構築ガイド

Customizing XOOPS

Googleマップ+Ajaxで自分の地図をつくる本

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

メイン
   《01》XOOPSノウハウなど
     定期バックアップの設定

スレッド表示 | 古いものから 前の記事 | 次の記事 | 下へ
話題
定期バックアップの設定
投稿者: fanrun7     投稿日時: 2008-8-16

当初、XREAを選ぶのに比較したのはロリポップとさくら、価格やRAID、トラブル報告の状況をみて決定した。価格の安さでは、ロリポップも同レベルだったが、いかんせん、ディスク・トラブル報告が多かったので、結局XREAにした。

という訳で、信頼性は高いとみたので、これまでバックアップはphpmyadminとffftpのミラーリングダウンロードでやってきた。しかし、マニュアルっていつの間にか数ヶ月空いてしまうようになりました。

幸い、これまで何もなかったから良かったものの、そろそろ本格的にやっておかないとまずいなあ、と思い定期バックアップを設定しました。

・データベース:cronでmysqldumpを実行し、7日分保存するように設定。特に問題なく設定終了。

・ファイル:これが問題で、結局半自動の状態です。サーバ管理画面「サーバ間コピー」の機能で、別サーバにコピーできるのですが、これを定期的に実行する方法が用意されてません。実行途中に生成される、.servercopy.shというスクリプトを保存して、cronに設定しても何の反応もなし。なんらかのプロテクトがされているようです。調べたところ、rsrycというコマンドがあるのがわかりました。このコマンド自体が導入されているかは不明ですが、これを設定しても何の反応もなし。
という事で「サーバ間コピー」の進捗状況を確認して、「サーバ間コピー」を自動submitするhtmlをブラウザに送り返す仕組みとした。複数サーバからのコピーを同時実行はできないので、順次実行するようにした。また、.servercopy.logは7日分保存する。こんな形なので、自分のPCが起動していないといけないのだが、タブのひとつに指定urlを呼んでおくだけなので、ほぼ自動となっている。
気になるのは、サーバとブラウザ間をユーザーIDやパスワードが何度も行き来するところだ。XREAのSSLプロクシーを指定しても、それだけではうまく動かないようなので、平文状態です。サーバ・ブラウザ間をSSL化するとか、サーバから直接起動するなのの方法を検討したい。そのためにPEARがあるとやり易いようなので、とりあえず導入してみた。ボチボチとやってみようと思う。
スレッド表示 | 古いものから 前の記事 | 次の記事 | トップ
Copyright(c) 1996-2010 森を走ろう企画    powered by XOOPS