オリエンテーリング紹介 - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

since 1996-7-20, updated 2004-3-30   

森を走ろう!/オリエンテーリング(OL)とは

最新の紹介ページはこちら

はじめに面白さ楽しさ種類用具特徴ポイントOLのやりかた地図の正置参加上の注意質問と答え参考図書このページよりずっと高度な絶版本(高野由紀のOL技術サロン)のWWWを当ホームページ上部の[オリエンテーリングダイレクトリンク]からリンクしています


はじめに

かなりの人が学校でやったことがあると思います。けれど、きちんと教えてもくれなくて良くわからないままやったのではないでしょうか?

これでは本当の面白さはわからないですね。

一言で言うと地図上にしるされた、地点をコンパス(磁石)を使って通過してるスポーツで、地図をよむ力と走力のバランスの良さが要求されます。

スウェーデンではじまったスポーツで、「Orienterungs(方向を定めて)Lauf(走る)」を略した言葉です。

面白さ、楽しさ

  1. 1.行くべきルートは自分できめる。
  2. 2.自然の中を走る。(森のこもれび、そしてフカフカの地面)
  3. 3.未知の場所との出会い。


種類

  • 形式:ポイント、スコア、ライン、バーンetc
  • 参加方法:個人、リレー、グループ
  • 時間:昼、夜
  • 移動手段:脚、スキー、カヌー、自転車


用具

    コンパス

      OL用コンパスとしては、スウェーデンで考案されたシルバ・コンパスが一般に使用されている。今では、登山など他のスポーツ でも広く使用されています。

    地図

    • 通常、OL専用に作られた地図を使用します。
    • 色の使い方が違います。
    • 磁北線が記入してあります。 (普通の地図では、経線が記入してあります。)
    • 世界共通の地図記号で特徴物(がけetc.)が記入してあります。
    • 縮尺は通常1:15000です。
    • 等高線間隔は5mか10mです。
    • 地図には、記号の説明やコントロール位置の説明がついています。スタートは△、コントロール位置は○、ゴールは◎で表してあります。

    コントロール(ポスト)

      図のようなもので、地図上には○で表してあります。 通過を証明する為の器具として、パンチがついています。 ホッチキスのような形で、チェックカードをはさんで押すと 記号状の穴が空きます。 パンチの替わりにクレヨンがぶら下げてある事もあります。

    コントロールカード(チェックカード)

      名前,コース,スタート時刻,ゴール時刻,パンチ枠等があります。 地図に印刷してある場合、独立したカードになっている場合があり ます。独立したカードになっている時も、地図に貼りつけて使用する時と、別々にしておく時とがあります。

    服装、靴

      運動しやすく汚れても良いものを使用します。 服、靴とも専用のものがあります。


特徴

    クラブ主体/ほとんどの大会がクラブ主体で開催されます。クラブは地域クラブ、学生のクラブがあります。 学生のクラブが開催する大会でも、一般社会人が参加出来ます。 きめ細かいクラス分け 年齢別、熟練度別に細かくクラスわけされるので、 初心者も、選手権クラスもそれなりのレベルで参加する事が できます。


ポイントOLのやり方

    スタートは普通1分間隔の時差スタートです。スタート地点には、スタート3分前,2分前,1分前の枠があり、 時間になったら順番に進む。スタート時刻に地図が渡されるので枠から出て1番ポストをめざす。

    スタート地点は地図上では△。ポストは○。ポストに着いたら、位置説明のコントロール記号と合っているかを確かめて、 パンチをコントロールカードの正しい番号の所に押す。コントロールを番号順に回って◎のゴールに到着する迄の所要時間で順位を決める。ただし、指定されたコントロールを通過していないと(パンチが正しくない)失格 です。


地図の正置

    OLで最も基本的な技術が地図の正置です。地図上の磁北とコンパスの針の 赤い側を合わせると、地図と現地の方向が一致します。     


!!! 参加上の注意 !!!

    立ち入り禁止の場所には入らない。

    やめる場合でも必ずゴールに来て、その事を言って下さい。 ゴールもせず、連絡もないと捜索する事になります。


質問と答え

>>1、パーマネントコースは現在どうなっていますか?(廃れていませんか)

どこでもとは言えないですが、メンテナンスはされています。わたしのクラブ
では、昨年ひとつのコース(中央線藤野)を担当しました。では、どこが
新しくて、どこが古いままかという一覧がきちんと管理されているかというと
わたしはわかりません。そういう管理がされてないものであれば、PC−VAN
のSOLというSIGのデータライブラリーにあります。

>>2、オリエンテーリングを行っている人はどんな人ですか(クラブに所属しない
>>と楽しめないですか)

クラブに入っている人が多いですが、別に入ってなくても構いません。

>>3、ハイキング程度の私では楽しめませんか?

クラス次第ですね。Aクラスとなると走ります。けれど、Nクラスや
グループOLだとゆっくり楽しめると思います。

>>4、大会の情報などはどこから入手していますか?

大会の会場、雑誌「オリエンテーリングマガジン」、ホームページ、
メーリングリストなどです。

「オリエンテーリングマガジン」は残念ながら普通の本屋では売ってません。
こちらをご覧ください。

>>5、大学のクラブ中心のスポーツになってしまったのですか?

スポーツとしてのOLは、大学のクラブが中心ということは間違いないですね。

ランニングだと中高年が多いですが、OLは大会会場も若々しいです。


参考図書

  • 「オリエンテーリング百科」  大修館書店
  • 「オリエンテーリング その指導法と練習法」 アイリス社
  • 「オリエンテーリングマガジン」 
ここから図書館の検索ができます。