西日本OL大会(96/12/01) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

西日本OL大会(96/12/01)


米原についたのが20時、結局野洲からはタクシーにのってついたのは21時頃。
最近は変わっているとは聞いていたが、ユースなんてどんなところかと思っていたら、
なかなか奇麗。部屋はユースのつくりで2段ベットと畳で人数をつめるようには
なっていたが、やはり奇麗。廊下などもビールの自動販売機はあるし、本物では当然
ないけれど絵もいっぱい飾ってあった。

清潔な風呂に入って、セミナー3部に参加。2005年WOC、コントローラ、
などの話のあと討議。JOAへの不満が沢山。

会場に向かう。寒い、兎にかく風が強い。ブレーカーを通して身体が冷えてくる。
広い芝生で晴れていたらポカポカで気持ちよかっただろうと思う。

半袖トリムでスタートにいったら、寒そう!という声があがった。


日付:1996年12月1日(日) 
場所:滋賀/希望が丘文化公園
地図:淡海富士
天気:晴れ/空っ風で寒い
クラス:M21A1

1(211) 11:07 スタートで3ルートに別れたが、予想どおりマークは同じところに
    あった。同時スタートのEには離されたが、A2に少し先行されたあとすぐに
        抜いて走った。沢にも問題なく入ったが、ちょっと長かった。パンチしたら
        2分前のA1か1分前のA2の京葉トリムが来た。

2(215) 8:46 ここで後を離そうと余分な事を考えたのが失敗の原因だったかも
        しれない。岩も多かったし、南西の道にでたと思って、北に進んで分岐を
        右に進んだ。道の太さが違うとも思ったが、もう一度の確認をしないで
        そのまま尾根を登る。ピークに来たところでさすがに違うのではないかと
        確認して間違いに気付いた。あわてて下の道路に降りて走る。すぐにある道の
        曲がりを山純が登っていく。こちらも尾根越えのほうがはやいと思い、
        続いて登る。すこし、おりて難無く発見。

3(226) 5:01 再び登って尾根を伝って道にでる。ここで、再びさっきの京葉トリムに
        追いつき、向こうが止まっているところを抜き直して問題なくチェック。

4(239) 3:53 左に登り小道を南下。道路が見えたところで道路に移動。道の曲がり
        の数を数えそこない少し先までいって戻りながらのアタック。道路に降りる
        必要はなかったか?
        
5(259) 5:07 道路に戻ったところでA2で6分後のTK氏に抜かれる。オープンに
        でたところで方向がちがって別れた。西に向かう道に入り、沢をつめていく。
        ここで2分後にKさんに抜かれた。ちょっと遅れてパンチ。

6(256) 5:47 Kさんはコンタ気味に狙ったが、こちらは上にでて尾根から狙った
        が、手前の小さな尾根に降りてしまい結局そこでKさんと一緒になる。
        もうひとつ東の尾根にうつって発見。

7(252) 3:01 尾根を降りて道路を走り、道の曲がりからアタック。

8(250) 3:06 再び、道路に降りて走る。前を慶応っぽいトリムとKさんが先に
        走っているのを追う。それほど速くなかった。池のむこうに入ってパンチ。

9(248) 1:43 先行するふたりを追って走り広場、小道、尾根とはしった。

10(208) 5:00 西の小道にでて走る。前3人を追っての走り、橋をわたったところで
        すぐに小さい沢の東の尾根に入り登る。道路を越えて発見。

11(241) 5:21 北西方向に道路にでて西にすすみ、北にまがった先で沢の小道に
        入り、そこから北西の道にでてコンタ気味のルートを走った。ここで、
        Kさんは尾根の道を走っているのが見えた。道から尾根に登ったが
        結構奥にあった。Kさんのほうが早かった。

12(224) 8:26 ここでパックをおって尾根をおり、コンタ道をぐるっと回って分岐
        から下った。Kさんほか2人くらいはオーバーランだった。道走りの
        途中でKさんに抜かれ、12は先にとられた。ここで大失敗。尾根の
        下りでつまづいてつんのめり。起きると、左手薬指が痛い、更にオ○○○○
        も痛い、地図も飛ばした。まずはパンチ。

13(229) 4:39 地図をとったが、思わずうずくまる。Kさんは消えてしまった。
        暫く歩き。尾根をわたってからの分岐から階段を降りつづけ、沢の向こうの
        尾根に登るとピッタリ。

14(270) 3:10 やっと痛みは和らいだので走ったが、刺激で小がしたくなる。広場に
        でたところでトイレが目につき入りたくなるが我慢。右手にこぶの
        コントロールを見ながら走り、沢に入る。

15(278) 5:00 ここでU君に抜かれる。手前に沢の上で止まっているところで再び
        追い抜き、ここでは先行してパンチ。

16(283) 8:15 この先は人人人。U君と一緒に集団を追って279にはまる。西に移動
        したり再び東に戻ってもう少し降りてみたりとウロウロ。ふたたび道に
        戻ったところでU君はすぐに道をおりたが、こちらはまだウロウロ。やっと
        現在地を確認して、道をおりたが、あせっている。ふたたび手前の282を
        みてしまう。さすがに、次は283に行けた。

17(888) 2:26 尾根を降りて、次は良く地図を見たので777には行かずに888に
        直行できた。

goal    0:59 残念1時間30分を越えたのをみながらゴール。

TOTAL 1:30:48