第9回秋川渓谷自然人レース(1997/4/13) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

第9回秋川渓谷自然人レース(1997/4/13)

開催年月日:1997年4月13日(日)

場所:東京都あきる野市

参加クラス:精進コース、距離:10km

自然人レースのマスコット
ゴール風景。

この写真では良くは見えないですが、200m先に大体水平に水色の線があるのが川です。

ここを横断した後、石がゴロゴロの河原を走ってのゴール。

ファミリーコース(5km)では、子供をおんぶしたりしてのゴールもあります。

名物の五右衛門風呂。

大きいでしょう!

服も靴もそのままでの入浴。豪快ですよ。

この大会は五日市駅のすぐそばの秋川の河原をスタートし、5km溯って折り返しスタート地点まで戻ってくるレースです。

両岸の間から出ないというのがルールなので、石だらけの河原を走り、また何度も川を横切ります。実際スタートして約200m走ると水に入ります。また場所によっては岩をよじ登ったり、場所を誤ると深みにもはまります。

こんなレースなのでヘルメットを被るのが義務になっていて、当日会場で貸してくれます。

走っていると、ずっと小さい子供の頃に雨の中水溜まりでポチャポチャと水をはねて楽しんだ感覚を思いだす、そんなレースです。

ゴールすると楽しいのが大型の五右衛門風呂。服を着たまま、靴を穿いたまま入って身体を温められます。

今年で3回目の参加。1回目は雨が多くて、1週間延期しての開催だったけれど、それでも水量が多くて何度も流されそうになりながらの完走。水も冷たく足の裏の感覚がなくなったまま走ってました。

それにくらべて今年はずっと水が少なく(昨年よりは水量が多かったらしいですが)、流される心配もほとんどなしにレースができました。結果は1時間18分で109位でした。

当日はオリエンテーリングの仲間は3人入賞、FWELL(nifty)の仲間は1人入賞で、めでたしめでたし。入賞してない人もみんな子供に却って楽しんでました。前日にはFWELL(nifty)の仲間とオリエンテーリングオフもして、夜はヘールボップも見れました。

とっても楽しいです。来年は是非あなたも参加してみませんか?