浅川サバイバルレース(1997/7/20) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

浅川サバイバルレース(1997/7/20)


東京は八王子近辺の流れている浅川というところで行われているレース。
自然人とは違って走るのではなく船で川を下るものです。既成のカヌー、
手作りカヌー、イカダがいろいろ集まってきます。とっても、まともに進む
とは思えない船もいっぱい。
回収してきた空缶の数を競うクラスもあります。
知り合いがでているので、それを応援しながら写真をとってきたので紹介
します。
鳥人コンテストや仮装大賞よりはずっと手軽で楽しそうです。


子供たちの筏、いよいよスタート。


ちょっと読めないけれど
利再来丸(リサイクル)と
書いてあります。

平均年齢60ウン歳とか。
 



ひとりひとりが握りになってます。

顔を真っ白にぬって。

「すし食いねえ」の曲も流しながらだったとか。



すいか、なす、にんじん、...
 

向うにいるのは別のいかだ、チャイナドレスを着たおとこ。



ぞくぞくとスタートしてゆく筏たち。

ここにでているヤシの樹は幹が伸びたり縮んだり。

スタートしてさっと進みたい所ですが、川は名前のとおり浅くてすぐに降りて押すチームが続出。