つくば大学リレーオリエンテーリング大会成績(2003/12/14) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

つくば大学リレーオリエンテーリング大会成績(2003/12/14)


こんにちは。

つくば大学リレーオリエンテーリング大会の
実行委員長をしています、坂本貴史です。

12月26日に大会の全成績(リレー、初心者、スプリント、トレイル)を
確定させて大会HPに掲載しました。
当日の計算センターのトラブルにより、公開が遅くなりましたことをお詫びします。
また、年末年始をはさんでいたため
連絡が遅れてしまい申し訳ありません。

今回の大会は例年の競技重視のものとは違い
「いろいろなオリエンテーリングを楽しく見せる」を前面に押し出し
いろいろな組織・団体と協力して運営してみました。
その中にあって、地図作りとコースセットなどの競技的な部分は
過去25回で引き継がれてきたテクニックを生かすようにしました。
地図やコースセットもおおむね好評だったようで
とてもよろこんでいます。

また、食費以外の全費用(通信・交通費込み)を大会会計でまかないましたが
それでも予算規模は60万円でした。
バスレンタルの必要がないテレインを選んだり
地図を外注せずに自分達で印刷したり
資材を県協会から借用したり
地元のテーマパークに協力をお願いしたり
自転車で調査に行ったり(!?)
工夫したら、ここまで会計規模を縮小する事が出来ました(例年は220万程度)
参加人数も予算の350名を大きく上回る
500名相当になりました(重複出走を含みますが)。
参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

そして、今大会はWOC2005に協賛していますので
大会で得た利益は、WOC2005準備委員会に寄付します。
お願いというか、
オリエンテーリングが好きな人が増えるように使ってもらいたいなと思います。

最後に…
近年の傾向として学生大会の参加費の高騰がありますが
それにちょっと波紋を投げかける事が出来た…かなと
ひとり思っています。
とはいえ、運営全般をみても手くいかなくてあたふたしている点が多く
参加者の皆さまにはとてもご迷惑をおかけしました。

これに懲りず、来年度もつくば大学大会をよろしくお願いしますっ!!


[from orienteer-ML 20040108]