[JOA]スキーO3days(2008/2/9-11)報告 - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

[JOA]スキーO3days(2008/2/9-11)報告

2008-2-26追加
ミニスコアOの成績
http://mulka2.com/lapcenter-static/486/796/pc/

木村さんの報告です
スキーオリエンテーリング山形大会(2/9-11) が終了しました。 とても充実した競技が楽しめました。 以下のサイトに写真ほか報告を掲載しました。 http://www.orienteering.com/event_report/2008/0210/index.html (木村撮影分) 【以下抜粋】 スキーオリエンテーリング3days 山形2008 2月9日(土) モデルイベント 2月10日(日) 午前:スプリント競技 午後:ミドル競技 2月11日(祝) スコアO 成績(Lap Center):スプリント競技 http://mulka2.com/lapcenter-static/483/786/pc/ 成績(Lap Center):ミドル競技 http://mulka2.com/lapcenter-static/484/787/pc/ 運営者キョクチョーが撮影した写真 http://picasaweb.google.co.jp/tutskio/2008SKIO 運営者・内山さんが撮影した写真ご動画 http://ucchi-skio.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/days_987c.html 2月9日夜から2月10日朝にかけて大量の積雪がありました。 しかし運営者の努力によりコース整備され、 予定されたレースは全て行うことができました。 さすがに2月10日午前のスプリント競技中はフワフワの雪質でしたが、 午後のミドル競技にはコースコンディションも落ち着きました。 2月11日に行われたスコアOは暖かい日になり、 よいコンデキションで競技することができました。 今回の大会で注目を集めた4名の話題です。 ------------------------------------------ 田中陽希(イーストウインド): 今回初めてスキーOに挑戦し、堀江に続く成績を叩き出した超新人。 現在はアドベンチャーレーサーとしてレーシングチーム 「イーストウインド」に所属。アドベンチャーレーサーでもあり、 オリエンティアでもある田中正人の指導を受けている。 2007年シーズンからはフットO競技にも挑戦し、 ナビゲーションもかなり上達したようだ。 北海道で育ちでクロスカントリースキーに親しみ、 大学ではクロスカントリースキーヤーとして第一線で活躍した。 今回のスキーO大会参加ではクロカンスキーは2年ぶりというものの、 そのスキー技術と体力は目を見張るものがある。 スキーO独自の技術を身につければ世界で戦える選手になることは間違いない。 -------------------------------------------- 堀江守弘(ブルータグ): 日本のエース堀江。今回のレースでも3連覇を飾り、その実力を見せ付ける。 その目は常に世界を向いている。 丸山哲史の引退後、今まで国内・敵なしだったが、 新たに田中陽希、高橋善徳の参入により切磋琢磨する環境が 日本国内でもできつつある。 ------------------------------------------- 高橋善徳(みちの会): フットOで何度も日本代表となった高橋善徳。 福島県会津の出身でクロスカントリースキーも上手い。 10年ほど前にスキーOを何度も経験し、 その後フットO に専念していたが、今シーズンよりスキーOに再び参入。 その優れた身体能力に期待がかかる。 今シーズンはトレーニングのひとつとしてクロスカントリースキーを 何度も行っており、滑走技術も高い。 -------------------------------------------- 黒田幹朗(水篶刈): クロカンスキー歴は短いが短期集中トレーニングの甲斐あって、 今年一気に頭角をあらわし、日本男子の中堅に食い込んだ。 この勢いで2008年最初のワールドカップスイス大会にも出場。 体力面や技術面での伸びしろがまだまだ大きい。 この上達ペースで行くとどこまで伸びるのか楽しみだ。 通常のクロカンコースでのトレーニングが多いため、 ナロートラックでの練習が不足がちなのが悩み。 このほか、ベテランの元木悟や山田敦史も安定した成績を出しており、 スキーO男子は競り合いの様相を見せている。