2008年世界選手権、世界トレイルO選手権(2008/7/12-20)成績



世界選手権公式サイト:左側からレースを選ぶとスタートリスト、成績、地図などを見れます。

スプリントでは、番場さんが決勝進出し45人中36位。中国は元々体力面の強い選手を揃えてますが、今回女子は3人が決勝に進出し、ひとりは18位、ただ残り2人はMPでした。残念ながらミドル、ロングとも決勝進出なし。リレーは女子25位(参加26チーム)、男子22位(参加36チーム)。中国は男子はなかなか強くならないようですが、女子は確実に強くなっています。リレーでは7位、番場さんを3人揃えれば勝負ができるのですが、なかなか厳しいようです。

LAP解析はLAPセンター

ニュースはO-NEWS

WOCと2008を含むYoutube動画の一覧


世界トレイルO選手権公式サイト
(トレイルO研究会の今井より)

チェコOLOMOUTで開催されたWTOC2008において
日本チームは健闘し、パラリンピッククラス木島選手が5位
オープンクラス山口尚宏選手が6位に入賞しました。

Open  
            Day 1     Day2     Final
 1 Anne Straube GER 19/19  85  17/19 115  36/38 200
 6 山口尚宏   JPN 16/19  51  16/19  87  32/39 138
13  山口拓也   JPN 14/19 117.5 15/19 143  29/39 260.5
36  大久保祐介  JPN 14/19  70  10/19 107.5 24/39 177.5

Paralympic 
               Day 1            Day2
 5  木島英登    JPN     15/19  107.5   12/19  134

Day1,Day2共に16コントロール+3TC = 19Points