駒ヶ根高原大会(2008/6/14-15) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

駒ヶ根高原大会(2008/6/14-15)


ジェネシス山川です。(複数メール受け取られる方すみませんです)

オリエンティアの皆さんへ

【駒ヶ根高原大会2008(6/14〜15)のご案内】

渉外の関係等で正式要項発表が遅れております。誠にすみません。
今しばらくお待ち下さい。

どんな内容か判らないと、(宿泊含めて)計画がたてずらい
というのは至極当然なことですので、以下に要項発表に先がけて
私の担当部分である大会の企画概略をお知らせします。

====

足掛け4年をかけて駒ヶ根高原全体を高精度で、O-MAP化し、
その間インカレロングと3回のクラブカップを開催しました。
本年はその資産を最大に活かすべく、全域を利用した(世界水準
に近い)ロングとスプリントの2日間大会を企画しました。
また、3つの世界選手権日本代表選手(WOC,WUOC,JWOC)の強化合宿
も兼ねています。合宿のメニューにも、ベーべキュー付宿泊にも
一般参加可能なように企画を進めています。

初夏の駒ヶ根は、比較的観光客が少ないのですが、実は空気が
澄んで、気温も手頃で過ごし易く、実は一番のお勧めシーズンでも
あります。是非、お仲間を誘って初夏の駒ヶ根でのオリエンテーリング
を満喫して下さい。

1.6/14 スプリント大会(JOA公認カテゴリS)
昨年、好評だった観光案内所(駒ヶ根ファームス)裏でのスプリント
を、こんどは大田切川の南側だけで、範囲を近隣の公園にまで新規拡大
して企画。(渉外に都合でテレイン変更になるかもしれませんので、詳
細は要項をご覧下さい)

2.6/14 合宿(家族旅行村宿泊+バーベキュー付)一般参加も可
いつもお世話になっている中央アルプス観光(株)さんとは、今後も
会場使用とか良い関係を続けていきたいので、宿泊込みのプランを用意
します。強化合宿用にでトレーニングパートナー含めて約50名ほどは
確保するのですが、ケビン村は100名収容ですので、役員宿泊含めても
まだ若干の一般参加を受け入れることができます。ここをこの時期に満員にでき
ないものかと考えて企画しました。内容は、強化チームの
チームミーティングには出席することができませんが、それ以外の合宿専用の
オリエンテーリングメニュー2つとケビン宿泊(布団付き)、夕食としての
バーベキューすべて込みで、周辺の民宿の1泊2食料金より若干安い位に設定する
よう計画中です。たいへんお値打ちなプランです。正確な料金などは要項で
ご案内します。この案内をお読みになって、今から先がけて、合宿プランにも参加
したいという方は、先着順で優先申込扱い致しますので
 
まで、その旨メール下さい。

3.6/15 ロング(JOA公認カテゴリB) 会場:駒ヶ根高原家族旅行村「アルプスの丘」

折角の大きなテレインを高精度で開拓したのですから、いちどはやってみたい
「ちゃんとしたロングディスタンス」の大会を行います。季節的にも、初夏の
駒ヶ根は一番ロングをやるには良い季節と言えるでしょう。今、日本国内では
競技規則で定めたよりも短いレースを「ロング」と称している場合が多く、
きちんとしたロングの大会は本当に少なくなってきました。逆にウルトラロング
など耐久系のレースは増えつつあるようですが、本大会は、ナヴィゲーションスポーツ

”オリエンテーリング”としての正真正銘の「ロング」の大会を目指します。
ワールド水準と謳いますが、正確にはMEトップで100分(WEは80分)のコースを
設定します。他のクラスも競技規則通り(+α位)のロングの設定をめざしたいと思います。
また、最近世界の舞台でもロング種目での追走防止とナヴィゲーション精度の
切替能力を見るため採用されることが多い”バタフライループ”を、テレイン
の一番おいしい部分で、エリートクラスだけでなく、他のAクラスでも
採用したいと考えています。

このように駒ヶ根の素材を最大限活かした楽しく爽やか、かつ厳しいオリエン
テーリング三昧を企画しています。

尚、公認大会コントローラは、西脇正展氏です。
以上、ご案内でした。よろしくお願いします。

[from orienteer-ML 08559]