99年パークOワールドツアー(99/10/11) - 森を走ろう!
ホットイベントの内容と使い方
[内容について] 全件表示されるのは、当日から31日間のイベントです。過去や31日より後のイベントは、締切りが2週間以内の場合と、情報更新が1週間以内にあった場合にのみ表示されます。今後あるイベントをすべて表示するには、こちらからどうぞ。
[使い方]
・イベント名のクリックで概要表示のON/OFFを切替えられます。見だし中の「全概要のON/OFF」のクリックでは全件の切替えができます。
・要項/結果などの欄にある公式アイコンなどのアイコンのクリックで、クリックした内容に応じた詳細情報が表示されます。1週間以内に更新があったものは、イベント名の横にNEWと表示され、更新された要項などのアイコンが反転表示になります。
[過去のイベント、詳しい検索など]  検索バー にある「を見る」ボタンの左から各種の条件を選択し「を見る」ボタンをクリックして表示させる事ができます。更に詳しい条件で絞りこむには「詳しい検索」をクリックすると表示される小さなウィンドウから検索条件を指定できます。
 

<追加情報>
(1)大会運営ボランティア募集
(2)有人コントロール役員募集
(3)選手権参加者リスト
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2000年のワールドカップを前に世界のトップ集団が日本上陸
********************************************
1999年10月11日(月・休)
Park World Tour 第6戦
首都圏にて開催 
********************************************
     
  オリリエンテーリングは北欧の大自然の中で百年前
に始められたワイルドなスポーツですが、現在、この
スポーツはその舞台を都市や公園にも広げてきました。
1996年から始まったパークオリエンテーリング世界
ツアーは、世界のトップ選手達がヨーロッパを中心に
世界の大都市を駆けてきました。フィンランドでは5000
人以上の観客を集め、全欧にTV中継されたりもしました。
「水の都」ベニスでも開催されたことも有ります。
香港では林立する高層ビルの谷間の公園で開催
されました。そして1999年はこの世界ツアーが日本
にもやってきます。

Park World Tour (PWT) ‘99
第1戦  3月26日 コペンハーゲン(デンマーク)
第2戦  4月23日 ストックホルム(スウェーデン)
第3戦  6月11日 トゥルク(フィンランド)
第4戦  6月15日 ロンドン(イギリス)
第5戦  6月17日 グラスゴー(イギリス)
第6戦 10月11日 首都圏(日本)
第7戦 10月16日 杭州(中国) 
第8戦 10月18日 上海(中国)

世界のトップ選手 女子25人、男子25人が世界の
大都市の公園を駆け巡ります。日本でのレースには
日本のトップ選手数人も出場できる見込みです。

PWTにはトップ選手しか出場できませんが、一般向けの
併設大会も開催される予定です。

  日程については確定していますが、開催地や関係機関
との調整がつき次第、大会情報をオープンにしていきます。
しばらくお待ち下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*PWT大会運営ボランティアの募集

  日本初のフットO世界イベント・パークワールドツアー東京大会
が10月11日に東京・国営昭和記念公園で開催されます。
現在、この大会の運営を各方面から手伝っていただけるボラン
ティアの方を募集しています。この大会は世界の男女トップ選手
各26人が世界の大都市の公園で競技を行うもので日本では初
の開催となります。
  日本人では、世界選手権代表の村越選手、松澤選手、三好
選手、落合選手および山口インカレ優勝の石井選手、大谷選手
が出場権を得ています。
  今回の世界のトップ選手の来日は10月9日(土)から13日(水)
までの間で、11日の本大会以外にも、前後の10日および12日
には練習会を計画しており、それらも含めて運営や選手のサポ
ートをお願いできる方を募集します。
  下記のスケジュールのアルファベットのような業務が出来る方が
いらっしゃいましたら利光までお知らせ下さい。
    


スケジュール(予定)
10月9日(土)
午後:選手第1陣が北京経由で成田空港着
バスで移動(小人数時電車)
立川市内のホテルにチェックイン
(a)空港に出迎えに行ける方を募集

10月10日(日)
昼:立川市近隣の公園で軽くトレーニング(場所未定)
午後:選手第2陣が北京経由で成田空港着
18時:選手第3陣がパリ経由で成田空港着
  (b)PWTの会場設営準備を国営昭和記念公園で
     行える方を募集
     ワゴン車で園内まで資材を運搬できる方特に求む
     (ワゴン車タイプでないと園内に入れないのです)
  (c)トレーニングコースの運営をしていただける方を募集
  (d)成田空港に出迎えに行ける方を募集

10月11日(月・休)
Park World Tour 第6戦東京大会
午前:併設大会
午後:PWT本戦
午後:PWTコースチャレンジ(一般向け)
夕方:選手宿舎へ移動(八王子市内の青年の家)
夜:夕食後にバンケット
   (e)PWTに先立ち、午前中に行われる併設大会の運
      営を行う方 (スタート、ゴール、計算センター、受付等)
  (f)PWT本戦の会場で準備運営撤収を行う方を募集
     ワゴン車で園内まで資材を運搬できる方特に求む
   (g)PWTのコントロールやコース中に張り付く監視役員
      (PWTとその後の一般向けチャレンジコース実施の間)
  (h)選手移動の補助(車)
   (i)選手とのバンケットを運営する方(配膳・片づけ)
*バンケットは青年の家で手作りのシンプルなものを
予定しています。手製の料理やお酒やおつまみの差し
入れは大歓迎。

10月12日(火)
富士山麓へ日帰りトレーニング
   (j)選手運搬の補助(車)
   (k)練習会の運営(於 静岡)

10月13日(水)
成田空港へ移動
上海へのフライト15時
  (l)選手運搬の補助(車)
 

(m)10月11日夜から13日までの青年の家
     での選手アテンド(宿泊)

注)選手運搬時の補助はバス1台で選手が乗り切れない場合の
荷物輸送のお手伝いをしていただける方


世界からやってくる選手達を暖かく迎え入れることが出来ますよう
皆さんのご協力をよろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

PWTの有人コントロール役員募集

PWTのコントロールは人の多い公園での開催のため、子供が
コントロールを持ち去らないように全て有人とします。
そのため多くの役員が必要なのですが、特にこの仕事を
行っていただける方を募集します。
人数はコントロール以外のコース警備も含め15-25名。
これらのコース上の役員に交通費等の経費は出ませんが、
スポンサー提供のPWT特製Tシャツがプレゼントされること
になります。(それを着て運営)
午前中の併設イベントには出場可能ですので、ぜひ皆さん
応募してください。そして世界のトップランナーのテレイン
やコントロール回りでの動きを見て下さい。大学の合宿の
中の1メニューとしても最高の経験になるかと思います。


問い合わせは利光良平まで。基本的に先着優先とします。
また、PWTの計算センター/ゴールとスタートなどの役員も
不足していて募集中です。これらは午前中からの仕事に
なる場合も有りますが、海外からやってくる世界最高の運
営陣(約10名)との交流も出来ます。今回はEmit電子パンチ
システムを電話線につないでインターネットで大会の模様を
Liveで世界に流すとのことです。(すでにこのPWTスタッフ
がWOCなどで実施している技術)

日本初のワールドクラスイベントをみんなの力で成功させ
ましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


Preliminary runners list for PWT Tokyo
(Ver.Sep.10, 1999)

WOMEN
1 Johanna Asklof FIN
2 Katarina Allberg SWE
3 Karolina Arewang SWE
4 Katarina Borg SWE
5 Lucie Bohm AUT
6 Jana Cieslarova CZE
7 Dorte Dahl DEN
8 Elisabeth Ingvaldsen NOR
9 Sabrina Meister SUI
10 Heather Monro GBR
11 Maria Sandstrom SWE
12 Hanne Staff NOR
13 Gunilla Svard SWE
14 Xiao  Huimin CHN
15 Nobuko Miyoshi JPN
16 Shihoko Ochiai JPN 
17 Yuki Takano JPN
18 Madoka Watanabe JPN
19 Hidemi Akaishi JPN
20 CHN?
21 HKG?


MEN
1 Jimmy Birklin SWE
2 Kjetil Bjorlo NOR
3 Grant Bluett AUS
4 Mikhael Mamleev RUS
5 Allan Mogensen DEN
6 Jorgen Martensson SWE
7 Thomas H. Nielsen DEN
8 Yuri Omeltchenko UKR
9 Juha Peltola FIN
10 Rudolf Ropek CZE
11 Tom Quayle AUS
12 Odin Tellesbo NOR
13 Bjornar Valstad    NOR
14 Gan Yixing CHN
15 Toshiyuki Matsuzawa JPN
16 Yasuaki Ishii JPN
17 Hirobumi Kagaya JPN
18 Takanori Arata JPN
19 Koji Kashimada JPN
20 CHN?
21 HKG?

Ryohei Toshimitsu


[from orienteering-ML 4162,5588,5626,5665]