Try WiMAX(UQ)さてどうなるでしょう

WiMAX、まあ簡単にいうと広域版無線LANだが、のサービスが始まった。UQコミュニケーションズという会社が元締めで、このサービスのOEMのような感じでヨドバシ、@nifty、biglobeなども提供開始。自分のモバイル環境はyahooBBの無線LANとWILLCOMのAirH。無線LANは場所が限定されるし、WILLCOMは遅い、という事で本当に使えるならWiMAXに代えるというのもありだなあと考えていた。しかし、申し込んだは良いけれど、実際つながらないと困るしと迷っていたところ、TryWiMAXという機器もネット利用も無料で15日間つかえるというサービスがあるというので7/1深夜に申し込んだところ、本日22:30ピッタリに登録完了というメールが到着しました。本日が貸し出し初日になっているので、きっと明日に到着するのでしょう。

ちなみに自宅はBフレッツのマンションタイプです。開通した2年前は上り下りとも10Mbps程度でしたが、最近調べたところ上りはほとんど同じですが、下りはスピードが半減していました。もしかすると、うまくいけば自宅でもBフレッツより早いかもしれません。

(2009-7-4) UQから機器が到着したので早速インストール。インストールは簡単、USBポートに差し込み、画面にでた案内にしたがった操作をすると完了。そして起動しなおして接続テスト。自宅は磯子の高台のマンション3階、海は見えるのですが、駅方面は見えません。うん、厳しいですね。室内は窓の近くだとWiMAXはみつかるものの接続完了しません。ベランダにでるとつながりました。しかし、スピードは遅く、下り12Mbps、上りは0.5Mbps。まあWILLCOMよりは早いですが、WILLCOMは室内でも問題なくつながります。

(2009-7-8) 自宅はこの方角はだめだろうと考えていた窓の側で繋がりましたが、結局不安定でスピード測定できず。磯子駅すぐ下のミスドではバッチリ、下り12Mbps、上りはもうひとつで1-3Mbps。そのほか石川町駅前のmac、関内横浜公園に面したVELOCEと圏外でした。なかなか厳しい状況です。それはそうとして、このTryWiMAXというお試しサービスは良い仕組みですね。利用資格のひとつに「90日以内にTryWiMAXを使っていないこと」とあるので、当面は継続するつもりとみました。

(2009-7-18)結局、使える場所が少ないので、今回は契約しないことにして返却しました。半年くらい後になると、今度はウィルコムの次世代も使えるはずなので、どうなるか比較してみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です