蛍光灯電球の交換でちょっと苦労

家の電球が切れて交換するのに、ちょっと苦労しました。

天井埋め込み型の電球なのですが、蛍光灯タイプの電球に交換しようとしたら、ハマりません。調べてみると、蛍光灯タイプの電球は、ものによるのですが、一般的に根元の部分が電球より太くなっています。この部分の太さのためにハマらないのです。そして、この受け側で細くなっているのは何故かというと、図中の反射筒を天井の下からはめた時にそれが落ちないようにしている金具なのです。この金具の先端部分の形を変えようとペンチでいじったのですが、どうもうまくいきません。結局、この金具の根元の部分を曲げてやったら蛍光灯タイプの電球がハマりました。そして、根元の部分が太いので、反射筒も少しガタつきますが落ちてくることもないし、電球のガラスの部分にも触れることはないのでOKにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です