第1回横浜国際女子マラソン選手発表

 横浜国際女子マラソンの参加選手が発表されました

 海外招待は、北京で優勝のコンスタンティナ・ディタと、ヌデレバを含む6人。この上位の2人以外は、25分台で日本人選手と同じレベルです。

 国内招待は、嶋原 清子をはじめとした5人。大南姉妹が揃うのは随分久しぶりという気がします。

 一般選手は、なんと442人。200300人程度と思っていたので驚きです。このコース、最初に小周回が1周あり、あと約13kmの大周回が3周です。まあタイムで切っているから大周回での周回遅れはないと思いますが、最初の小周回と大周回の1周目でトラブラないかちょっと心配です。小周回は中華街の門のところで折れて、山下公園前に戻るのですが、この道がとても狭いのです。また、大周回でみなとみらい地区からでるところの橋、景色は最高なんですが、この橋も現時点ではゴムポールで車幅制限されていて1車線分しかありません。選手だけでなく、最初の小周回では放送車もうまく曲がれるのかも心配です。出入りで車を別にするという手はありそうですが。

 陸協は除いて所属別人数を出してみました。
    1 eA         16名
    2 セカンドウィンドAC 13名
    3 アトミクラブ      8名
    4 アミノバイタルAC   6名
      ニッポンランナーズ   6名
    6 RWS         5名
      ファーストドリームAC 5名
    全体はこちら

 オリエンテーリング関係では、女子マラソン常連の後閑さんと澤地さんが出場。調整はうまくいってるでしょうか。

 顔は判らないのですが、地元磯子のスポーツセンター職員の河野真己さんも出場です。

 なにぶんにも海沿いのコースなので、風がきつくなると厳しいレースになるでしょう。あとは天気がどうなるか?穏やかな天気になって欲しいものです。

 コース全体の写真入り説明はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です