バンクーバー/女子フィギュアフリーはスピードがポイント

いよいよ女子フリーですね。

アウェーでの闘いなので厳しいですが、真央ちゃんには頑張って欲しいものです。キム・ヨナがオーサーについた後に、タラソワについた訳なので、その時点でアウェーになる事ははっきりしていたという事。どんなスポーツでもアウェーで不利なのは当たり前、それを織り込んでいなかったとしたら、厳しい言い方ですがその段階でミスしたといえますね。

ショートの点差には色々意見がありますが、有利な見方をしても圧倒できるような差でなかった事は確かです。ジャンプは良い調子になってきてますが、スピードがもうひとつです。テレビでの観戦だとなかなか判らないのですが、スピードはとても重要です。何しろスケートの最大の特徴は滑ること、試合での初めのほうのグループと終わりのほうのグループではっきりと違うのがスピードです。スピードは力強さそのものです。これは実際に観て感じて欲しいものです。

しかし、技巧系のスポーツでも、日本は、女子フィギュアでは最先端の技術を追い、男子体操ではピシっとまとめる所が特徴だったり、面白いものですね。

スピードで力強さを見せられたら、フリーで逆転もできるはず、期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です