日本信販カードの海外旅行障害保険が太っ腹でなくなる

1992年のO-RINGENでは、急に腹が痛くなり2日目で入院することになりました。そして途中省きますが、手術も終わって動けるようになり病院の娯楽室とでもいうかでテレビを見ていたら聞こえたのが「今まで生きてきた中で、一番幸せです」の声。そう岩崎恭子の100m平泳ぎで優勝。そして、この時の大会の宿舎になっていたのが、スウェーデン軍の国連協力部隊の訓練施設。O-RINGENの終了後に自衛隊がPKO訓練のために入ったようです。

なんとも忘れられない年になりました。実は戻った後も、えっと驚くようなことがあったのですが、それはまた別の機会にします。

ちょっと説明が長くなりましたが、この入院で世話になったのが、日本信販カードの海外旅行傷害保険。自分の腹をいためましたが、一切自分の懐はいためないで入院して帰ってくれました。

このカードってとっても太っ腹でした。普通、海外旅行障害保険はゴールドカードなどのプレミアカードは別として、一般カードでは旅行代金をそのカードで支払うとか海外でいくら以上使うとかの条件を満たさないといけないのに、この日本信販カードはそういう条件なしという太っ腹なカードでした。

しかし、この太っ腹もついに終わってしまいます。来る7/1からは海外旅行代金などを払わないと保険が効かなくなってしまいます。ちょうど、この夏のシーズンからですね。

このカードを使っている人いるようでしたら、ご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です