「支持政党なし党」って、結構頑張りましたね

自分はこの政党には投票しなかったのだけど、考えとしては、とても関心がありました。 この政党は、既存政党を支持しないという意志を示すだけと理解している人もいると思いますが、そうではなくて議院内閣制の枠組みの中で部分的に直接民主制を実現しちゃおうという考えなんですね。 既存政党に入れた人でも、その政党のやろうという事に全面的に賛成してる人ばかりではないでしょう。どの程度の人が本当に一任で良いと思っているのでしょう。 で、結果で見ると、結構頑張りましたね。獲得投票数順に並べると「日本のこころ」と「新党改革」の間でした。次の選挙まで、続くかというのが最初の関門でしょうが、続けば1議席ならとれるかもしれないですね。最も、1議席だと、複数議席の時と違って、法案賛否に自分の意見が反映されるか判らないというのが難とも言えます。また、それ以前に、どれだけ党が公約どおりに動くのかという話もあるとは言えそうです。
政党比例当選獲得投票数(獲得%)政党名投票数
自民党1919,650,962(35.94%)14,669,500
民進党1111,472,644(20.95%)8,349,107
公明党77,439,741(13.58%)3,756,982
共産党55,872,397(10.72%)5,360,408
おおさか維新の会45,048,131(9.22%)4,265,246
社民党11,500,679(2.74%)1,064,652
生活の党と山本太郎となかまたち11,036,756(1.89%)836,189
日本のこころを大切にする党0714,363(1.30%)514,207
支持政党なし0631,725(1.15%)554,637
新党改革0561,194(1.02%)186,990
国民怒りの声0450,600(0.82%)310,791
幸福実現党0360,393(0.66%)288,177
組織票の強い公明党と共産党ですが、政党名投票の率でみると、正反対の結果になっているのが面白い。平均的には2/3程度が、政党名投票なのに、公明党は半分くらいと少なく、共産党は90%程度。どういう考えに基づいてるのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です