高齢者の入れ歯

母の食事量が最近減ったが、その原因が入れ歯らしいという話。

最初は、内科的な何かがあるのかと、内科医院に行ったのだが、特に問題なさそうとの事。それ以前から入歯に問題ないかとは考えていたが、本人は問題なしと言ってたので、それ以上調べてなかったのですが、ググってみると、NHKの「入れ歯が”合わなくなる”」というページが見つかりました。土手が徐々に平らになってくと、本人にとっては、毎日わずかずつの変化なので入れ歯に問題が起きたと認識しにくいようです。

歯医者に行ったら、やはりそういう問題が起きてると判りました。対応方法としては、上記URLの方法ではなく、リベースという歯茎の形に合うように隙間を埋めるような充填剤のようなものを台に塗る(短時間で固化する)方法をとりました。入れ歯自体は良くできていて問題ないので、この方法で良いらしいです。

その後歯茎のクリーニングしましたが、食べかすが溜まりやすい状態が続いていたので、歯茎の腫れが治まるにはしばらくかかるとの事。

まあ、しばらく様子見です。作り直さないで食事量が回復してくれれば済めばそれがベストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です