つかこうへいの蔵書

つい先日、井上ひさし氏が亡くなったばかりなのに、7月10日にはつかこうへい氏が亡くなった。ふたりとも好きで沢山本を読んでいたので残念です。ご冥福をお祈りします。
滅茶苦茶な発言をするけれど、実は優しい、そんな話ばかり。
持っている本をその版の年代順に並べてみました。30冊。飛龍伝は文庫で最初に読んだ記憶があるのだけれど、ぱっとみた範囲では見つからず。
舞台は1回だけみました。小説熱海殺人事件、黒木メイサがでてました。

小説熱海殺人事件 昭和53 角川文庫
戦争で死ねなかったお父さんのために 昭和54 新潮文庫
あえてブス殺しの汚名をきて 昭和54 角川文庫
弁護士バイロン 昭和54 角川文庫
ジャイアンツは負けない 昭和54 角川文庫
いつも心に太陽を 昭和55 角川文庫
蒲田行進曲 昭和58 角川文庫
寝盗られ宗介 昭和58 角川文庫
傷つくだけ上手になって 昭和59 角川文庫
青春かけおち編 昭和59 角川文庫
ハゲ・デブ殺人事件 昭和59 角川文庫
この愛の物語 昭和60 角川文庫
二代目はクリスチャン 昭和60 角川文庫
ストリッパー物語 昭和60 角川文庫
つかへい腹黒日記 PART2 昭和60 角川文庫
つか版女大学 昭和60 角川文庫
国ゆたかにして義を忘れ 井上ひさし・つかこうへい対談 昭和60 角川文庫
スター誕生 昭和61 角川文庫
井戸のある街 第2話 婿養子 昭和61 角川文庫
銀ちゃんが、ゆく 蒲田行進曲完結編 昭和62 角川文庫
幕末純情伝 平成2 角川文庫
娘に語る祖国 1990 光文社
井戸のある街 第3話 スカブラ 平成3 角川文庫
龍馬伝 野望編 平成3 角川文庫
菜の花郵便局 大人と子供のための童話 平成5 角川文庫
銀幕の果てに 1994 集英社
リング・リング・リング 女子プロレス純情物語 平成8 角川文庫
あるキャッチボール屋さんの悲劇 井戸のある街 その後 平成8 角川文庫
飛龍伝 神林美智子の生涯 1997 集英社
広島に原爆を落とす日 1998 光文社

小説を書かなくなって時間がたっているせいなんでしょう。amazonでは殆ど中古しか出てこないですね。寂しいな。
2010-08-08 つか版女大学を追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です