普及への動画ポータルサイトの活用

今回はじめて全日本リレーの動画を製作し掲載してみましたので、
  1.何で動画を?
  2.何でYouTube?
  3.動画の一番簡単な登録
  4.動画の編集
とまとめてみました。

1.何で動画を?

なんといっても動画はインパクトがあるから、これに尽きます。

今年の8月に、はじめてYouTube(動画ポータルサイト)に触れて以来、
これはオリエンテーリング普及の道具に使えるのではないかと思っていました。
オリエンテーリング界はその規模の割りにWEBサイトの数は多いと思いますが
今まで動画は殆ど使われてきていませんでした。

オリエンテーリングを詳しく理解してもらうには文章が必要ですが、
まず最初に関心を持ってもらうには写真や動画などの映像が有効でしょう。
特に動画でインパクトがあり、楽しそうという印象が残せたら良いですね。

日本はYahooBBがきっかけとなり、ブロードバンドの普及率では世界でも
トップクラス。森を走ろう!(以下、森!)でみると、その利用者の80%が
ブロードバンド環境です。もう写真だけでなく、動画が使える時代になって
います。

また、森!を見る人の分析をしてみると、yahooやgoogleなどの一般的な
検索サイトのリンクから来る人が1/3程度です。これらのサイト
から来る人が必ずしも非オリエンティアだという訳ではないですが、
かなりの率で非オリエンティアでしょうから、オリエンティア向けの
コンテンツだけを置いておくのは勿体無いという気がします。

森!の内容は殆どがオリエンティア向けのものです。そこで最初に
やったのが、YouTubeの中に掲載されている海外のコンテンツをそのまま
利用させてもらうことです。ユッコラやティオミラ、ワールドカップ
などの映像を載せました。

これらは、どちらかというとオリエンティア向けで、非オリエンティア
にとっては何だか判らないでしょうが、スポーツらしい、何かすごい
事かもしれない、という位の印象は残せるでしょう。

本当に欲しいのは、楽しそうだったり、面白そうだったりして、
思わずやってみたくなるような動画なのですが、なかなかそれを自分で
作るのは難しいと思っています。
作る事自体は誰でもできるといういう事をしめす意味で、今回の
動画を作ってみました。

これを見て、楽しい動画を作ってくれる人が出てきたら良いなと
思っています。

2.何でYouTube?

動画のサイトは何もYouTubeには限りませんが、何といっても今一番
勢いがあるので、今回はこちらのサイトを対象にしました。
Googleに買収されたので、事業の継続性も当面問題ないでしょう。

YouTubeでは、YouTubeのWebサイト(http://www.youtube.com/)にする
と共に、その動画を自分のサイト内でも見ることができるように
なっています。
今回の場合は、当サイトのトップページあるいは

から見ることができます。

動画は自分のサイト内に置く事も出来ますが、ファイルの容量が大きく
サーバの負荷も大きいのですが、YouTubeを利用する事で、これらの
問題を気にしなくてもよくなります。また、YouTubeのサイトを訪問した
人が見てくれる可能性もあるわけです。

3.動画の一番簡単な登録

一番、簡単なのはデジカメで撮ったファイルをそのまま登録する事です。
今売られている殆ど全てのデジカメは動画を取れるようになっています。
なまじビデオカメラで撮るよりデジカメ程度のほうが楽かもしれません。

動画ファイルの形式は非常に多くありますが、YouTubeのサイトには
特にどれが可能とは書いてなく、殆ど形式が使えると書いてあります。

実際、自分のデジカメで撮った、PICTxxxxx.movというファイルをそのまま
登録してみて確認できました。必ずしも、どのデジカメでもOKではない
でしょうが、かなりの率で使えるのでしょう。

制限事項としてはっきしているのは、ファイルの最大サイズは100MB、
動画の時間は10分まで(ファイルの送信にかかる時間ではありません)、
著作権違反でない事です。

今回の全日本リレーの場合、デジカメのファイルサイズの合計は250MB
あります。高画質の画像だと、短い時間でもオーバーしてしまうかも
しれません。

登録する手順は、以下のようになります。

(1)YouTubeのサイトにユーザー登録 
    画面上段のSignUpから登録できます

(2)動画ファイルの送信(アップロード)
    画面右上部のUploadのリンクのクリックからできます

(3)出来てくるのを待つ
    アップロードし終わってもすぐには見れません。1時間
    とか一晩待つとみれるようになります。

(4)必要であれば自分のWebサイトに掲載する
    YouTubeにリンクするか、埋めこむためにhtmlを修正します

4.動画の編集

高度な編集をするには、ソフトウェア、パワーのあるパソコン、時間、
ノウハウが必要です。

今回は、時間をそれほど使わず、お金はなしで済ます方法で編集したので、
その方法を説明します。

やりたい事は、ファイルサイズを小さくする事、途中に説明文を入れる事、
これらをつないでひとつのファイルにする事です。これが出来れば、3に
書いた方法で登録できます。

まず、最初にソフトを探しました。その結果、http://kikuchisan.net/movie/
というページにしたがって、(株)ペガシスの「TMPGEnc無料版」 という
ソフトウェアを導入しました。上記のURLに、このソフトの使い方についても
概要が書かれていますので、ここでは省略します。

(1)デジカメでの撮影
    YouTubeの画面解像度は下部のボタン類を入れて435×350なので、
    これより大きいサイズで撮ります。今回は、解像度640×480、
    秒あたり15画面(フレーム)。

(2)ファイルの変換
    (1)で撮った.movというファイルを、TMPGencで1個1個、
    小さくします。画面解像度を400×304(どういう訳か端数がつきます)
    にし、mpeg-1形式(.mpg)にします。
    これで大体1/5-1/6のサイズになります。

(3)タイトル部分の作成
    ワープロ類で作成して印刷し、それをデジカメの動画で撮るという
    のが一番簡単です。ただし色が思ったように出なかったりします。
    今回はワープロのページを静止画のファイル(.png形式)に
    エクスポートして、それと23秒の無音の音声ファイルと
    合成して、mpeg-1形式(.mpg)にしました。
    TMPGencは、動画の音声と画像を分離すること、音声の音量を調整
    する事、静止画と音声を合成する事ができるので、静止画作成以後の
    作業はすべてTMPGencで出来ました。

(4)動画ファイルの結合
    TMPGencで簡単に出来ます。ファイル=>MPEGツール=>結合(カット)

これで、元々250MB程度だったのが、40MBの単一のファイルに出来ました。
バックに音楽も流したかったのですが、音楽の合成自体はTMPGencでできる
のですが、どんな音楽を流したら良いか頭が働かないし、著作権問題もあるし
という事で諦めました。

この作業をするのに使ったパソコンのスペックですが、Mobile Pentium ? 1.2GHz、
メモリー512MB、WindowsXPでした。

どなたか面白そう楽しそうな動画を作ってみませんか?

[おまけ]
YouTubeには小さい静止画が掲載されますが、あの画像ってどうやって
決めるのでしょう?今回の全日本リレーではWEの部分は、時間的には
後半の画像。自動的に選ぶ仕組みがあるのか、人手で選んでいるのか不思議です。

————————————————————————-
追記 2006-11-9
  使い方として、大会DVDや本のプロモーション用というのも良いかもしれません。
  ポイントだけ見せておいて、最後にurlを紹介しておくのです。
  すでに海外の大会の予告なども出ています。

  YouTubeの動画は、仕組みとしては著作権保護はありません。自分のパソコン
  に保存する方法もあり、インターネットで検索すればすぐに見つかります。
  ですから、絶対にコピーされたくないような内容を掲載するには向いていません。

追記 2006-11-14
  今、一番動画を作っているオリエンティアのページはこちら。スペイン人のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です