横浜駅SF

主人公は三島ヒロト、横浜駅の外、九十九段下で暮らしている。エキナカはスイカを持っていないと暮らせない世界だが、ヒロトは
持っていない。しかし、たまたま手に入れた18きっぷを持ってエキナカの旅に立つ。18きっぷは5日間だけ、エキナカに居ることができる。

有隣堂に平積みしてあったので知りました。そして、SFという言葉がタイトルにはいってるってSFの本は初めてみた気がします。横浜駅が増殖して日本を覆っているというアイディアにビックリ。

アイディアに引っ張られて読みました。章タイトルも有名なSFのパロディになってます。とにかくアイディアで読ませる本。物語自体については言及しまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です