RuntasticアプリでのMIO LINK心拍計の利用

だいぶ前に買ったGarminはタート時の衛星捕捉が全然できなくなってしまい、それ以来スマホアプリです。最初は、Googleの「MyTracks」、MyTracksがサポート中止となりAdidas の「train&run」。gpx出力が無料ででき、ログに名前を付けられるのを条件に選んだ結果です。ところがAdidasもアプリの維持が大変だと考えたのか、Runtasticを買収し、移行を促すようになりました。

で、既存のログは移行できたので、MIO LINK心拍計を使えるか試したが最初はNGでした。bluetoothの心拍計はRuntastic製品とhitoe心拍計とその他と3種の選択肢があるので、当然「その他」を選んで接続しようとしたのですが、「接続がMIO LINKに拒否されました」となりつながりません。ちなみにスマホはNexus5で、OSはAndroid6.0.1(ビルドM4B30Z)。まさか出来るはずはないと思いながらも「hitoe心拍計」を選択したらつながりました。

「その他」を選択したときは、Androidのbluetooth接続のGUIを経由してつなげる画面の展開でしたが、「hitoe」の場合は、その画面にはなりませんでした。このスマホには、「MIO GO」と先ほどの「train&run」アプリもあるのですが、こちらに接続する場合もAndroidのbluetooth接続のGUIは現れません。もしかすると、Android標準のbluetooth接続と若干ずれがあるのかもしれませんね。

それはそうとして、Runtasticアプリ、「train&run」からの移行だとプレミアムユーザになり、機能的にもほとんど良くなっているのですが、一点残念な点があります。記録に名前が付けられないのです。「train&run」からの移行でも消えてしまいました。Runtasticでメモ欄に記入できるのですが、このデータもexportはできNotesタグに書かれているのですが、importすると消えてしまいます。

今後も考えると、GPSログが、あっちこっちに書き散らかすような感じになりそうで、何とかならないかと思います。自分で毎回gpxにexportして保存すれば良いのかもしれませんが正直面倒。家計簿ソフトのアカウントアグリゲータみたいに、GPSログも集約してくれるようなソフトが欲しいと思う今日この頃です。

(2017-3-13 追記) [hitoe」だけでなく、「Runtastic HR Combo Monitor」でもつながりました。

関連記事
腕時計型心拍計 Mio LINK は使えそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です