無理やり靴を足に合わせた

ASICSのDynaFlyte2という靴を買った。調べたらASICSは25年ぶりだ。店ではあってると思ったのだが、実際に履いてみると、特に下り斜面で、外反母趾的な右足親指の根元のところがあたって痛い。

このままでは使えないので、なんとかならないか試してみました。この靴のアッパーは、メッシュ布の2枚重ねで、メッシュなのでなんとでも伸びると思ったら大違い、内側のメッシュは伸縮性が高いが、外側のメッシュは伸縮性が少なく、その上写真1のように伸縮性のないベルトのようなの(見難いですが、白っぽい部分)と一体化しているのです。

ASICS dynaflyte2のアッパー(加工前)

そこで、最初は、靴紐を通す部分と底とをつなぐベルトに2本スリットを入れてやったのですがNG、相変わらず痛い。実は外側のメッシュ自体の伸縮性が思ってた以上にないというのが判明。そこで、次は思い切って外側メッシュをベルトごと切り取ってしまいました。しかし、まだ痛い。結局、写真2のように切り取りを拡大したところ、やっと痛くなくなりました。これで、どれだけ保つのか興味深々です。

ASICS dynaflyte2のアッパー(加工後)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です