スマートロックを設置してみた

実は昨年はじめに一回設置したのですが、いったん取り外していたのを、今回再設置しました。これで鍵の出し入れしなくても、もし鍵を落としても、ドアの開閉ができるようになりました。 設置したスマートロックは Qrio Q-SL1 というもの。もともとの鍵を交換する事なしに、ドア内側のサムターンの上に被せるように取り付ける事により、スマートフォンから開閉ができるようにするものです。
なぜ、このロックを一端取り外したかです。このロックは両面テープでドア内面に貼り付けるようになっていて、ドア内面がツルツルになっていれば問題ないのですが、今回のドアはシボ加工された表面になっていたため、付属の両面テープでは、時間が経つと剥がれてきてしまうのでした。 どのように、この問題を解決したかです。「シャワー掛け具をスライド式に交換」で使った接着剤を使っても解決できそうですが、はずしたくなっても、はずすのが困難そうです。そこでドア内面に表面がツルツルで片面強力粘着テープを貼り、その上に付属の両面テープで固定する事にしました。
補足)今回のドアでは、チェーンの金具が、ロックの電池蓋とぶつかってしまいます。電池交換の際には、チェーンの金具を外さなくてはいけないのですが、電池は半年以上保つはずなので、まあそこは妥協しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください