横浜マラソン参加&ゴール(2018-10-28)


とにかく今回はゴールする事が目標。何しろゴールしないと昨年分と2個のメダルがパーになってしまうので。
冷静に考えれば制限時間は6時間30分-スタートロスなのでゴールできないわけはないのだが、歩く気もなくなればお仕舞いなので、リタイアが怖かった。なにしろ、このコース、高速道路上はバンクがかかっていて走りにくいし日陰もないのだ。

今年ビビっているのは、6月以後、暑さで距離伸ばせず、一回に走る距離が最大で12-13kmで、しかも夜がもっぱら。初めてのフル(佐倉)以来、1.5年も間を空けたことはなかった。

起床5時半で、スタート傍まで移動したのは、7時半、おそらくFGブロック傍の公園のトイレは空いてるだろうと読んでいたのが大当たり、着いた頃は全く列なしでした。桜木町からパシフィコに向かう途中や、パシフィコ内のトイレはかなりの列でした。スタートの頃には、曇りで少しパラパラと降ってきたので、ちょいと心配になりましたが、その後晴れて杞憂になりました。

基本無理に抜く気もなく走るのですが、やはり極端にペースが違うとストレスになるので抜く、という程度の走りでずっと進んでいきます。山下公園前では、知り合いから応援をもらい、山下公園のトイレによって、以後人の少ないコースいり。

このコース、往路で結構高速に日陰があるのは好きです。南部市場で、2回目のトイレに行って、第1回ではここで確かミニトマトあったのになと思いながら折り返し。水は、毎回補給してました。食べ物もあるけど、水分のあるのは少なくて、ほとんどとらず。

折り返しですぐに高速に登るが、ほとんど歩き。登った後、1km位は走ったものの、以後は歩き走りとなりました。第1回の時程は感じなかったけれど、やはりバンクは走りづらい。本牧で高速から降りる際の折り返しの上り坂、見えているだけにきつかった。降りて暫く走り突堤に入ったところで3回目のトイレ。シンボルタワーで折り返して、今度はA突堤に入ったところで何かカップをもって食べてる人が目に付いた。わっアイス?食べられるのかな?と喜んだが、どうも直前で終わってしまったようで、ガックリ。それから暫く進んだところで、知り合いの応援に会って、少し元気回復。

ここまで来たら、もう少しだ、と最後まで歩き走りでのゴールでした。ゴール直前の橋でも知り合いに会って最後の応援をもらった。


しかし、いよいよサブ5.5も超えてしまうとは、なかなか厳しい。しばらく前はサブ4復活とか考えてたのに、その前にサブ5が出現してしまいました。昨日、フルはもういいやと思ってたのですが、今シーズンもう一回走ろうとかとも考えています。

1984年に初めて佐倉マラソンを走って以来の記録をグラフ化してみました。順調に?年とともに低下してるけれど、サブ5はまだ出来るのではないかなと思っています。同時に、サブ4となると、今までと同じトレーニングでは無理そうです。


(不可解な点)
TomTomのGPSウォッチを使っているのだけど、記録が43kmで不可解。誤差はどこかで一時に増えるのでなく徐々に増大し、8割方は折り返し前で、2割は折り返し後に発生していたようです。非公式大会でも、そんなに違うはずないし。普段、20kmを走っても、誤差は20-30m程度。随分歩いて遅かったが、ランダム誤差の累積はせいぜい遅さに比例のオーダーのはず。う~ん、不可解だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください