リモコン故障の原因は電池用バネの錆だった

昨日、リモコンを落としたら、地デジチューナーが全然反応しなくなってしまった。そこで、内部で断線でもしたのかな?、自分で修理できるのかな?と分解してみた。

結局、基板が1枚で、赤外線の素子は結構しっかりつながっており問題なさそう、そうなると残るは電池用バネくらいしかない。一方に錆があったので、紙ヤスリで磨いたら治ってしまった。落ちたことにより微妙に接点が動いて、かろうじて錆びてないところと電池の電極と接触していたのが、接触しなくなってしまったのだろう。

ちなみに地デジチューナーはユニデンのDTH11、リモコンはRM-E23でパソコンでの録画用に使用している。

電池蓋外した状態
電池蓋外した状態
電池側
電池側
ボタン側
ボタン側、ゴムシートがあるだけ
電池側基板を外した所
電池側基板を外した所
基板
基板、はじに電池用バネがハンダで固定されている

修理する前に、ヤフオクで中古を購入してしまった。まあ、予備に持っておいても良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください