第27回おきなわマラソン参加メモ

横浜マラソンでワースト更新したので、そのリベンジにと、コースも考えずにエントリーして、返り討ちにあってきました。そのメモです。

コース
場所は沖縄市、宜野湾市、うるま市のあたりを周回するアップダウン豊かなコース。途中、嘉手納基地の中も2kmほど入ります。大会サイトはこちら。GPSログによると累積登りが395m。

コース図
コース高低図


受付が大変
ろくに要項も見ずに、泊まりはやはり那覇でしょと決めてしまったが、参加案内が届いてビックリ。受付は前日のみ。那覇から渋滞の中のバスで片道約2時間。戻りは2時間はかからなかったが、飛行機と合わせて前日に疲れてしまった。大会当日朝も受け付けていたという話も聞きました。

レース
10000人規模で、スタート前にトイレで並んだこともあり、ゆっくりだが混乱なくスタート。10kmから登りとわかっていたので、無理せず廻りに合わせた走りで、25km程度までは走り続けたが、以後歩きだらけ。給水は問題なく、途中沖縄そばもいただいて塩味が効いて美味しかった、また走ろうとしたら隣でチキンラーメンもやってました。もうすこし離れていれば食べたのに。大会主催者や市民による給水、給食は充分でした。応援も多いと感じました。

終盤は急下り坂もあり、最後まで歩き走りでのゴールでした。外国人参加者は、中国・台湾・韓国・シンガポール・USAなど約600名で、大会参加ツァーでの参加が多そうでした。

ゆいレール
以前にも乗ったことはあったと思うのだが、その時とは違っていたのが切符。QRコードが印刷されていて、それを改札の読み込みエリアに裏返してかざして通過するという仕組み、今までどこでも見た覚えがありませんでした。QRコード部分には磁気テープぽいのも重なっていて、駅によって使い分けるのか?

ゆいレール乗車券


HOTEL
個室で2泊で8000円台という価格のホテル、そのため間取りが挑戦的です。ロフト風の部屋で2階部がベッド、ベッドの下がシャワーとトイレ、その前の吹き抜け部に机があり、70度あろうかというハシゴでベッドに登ります。その傾斜の下に小さな冷蔵庫。マラソン走った後に、登りで攣ったりしないか心配でしたが、ゆっくりだったので、そうはなりませんでした。ホテルのサイトはこちら

ホテル室内1
ホテル室内2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください