高精度地形データとロゲインマップそして崖の表記

通常フォトロゲイニングでは国土地理院の1/25000の地図を使っていて、その地図では等高線で地形を表されている。一方、国土地理院はより高精度の情報を得られる航空レーザ測量によるデータも提供している。DEM5Aというデータで、地表の標高を5m間隔で測ったものである。

ロゲイン地図において、1/25000の地図の等高線を、このDEM5Aから生成した等高線で置き換える価値がありそうか調べてみた。

同じ場所の等高線(10m間隔)を3種比較してみた。



(1)旧来の紙地図で提供されていた数値地図25000のもの(2007年発行)
(2)現在の地理院地図のもの(2016年発行)
(3)DEM5Aから生成したもの

(1)と(2)の等高線は基本的に変わっていない。ただ、崖の表記がかなり異なる。これは、地形の取得基準が変わったためである(補足参照)。(1)(2)に対して(3)はかなり曲線が細やかな曲がりをしているのが分かります。これならば、等高線の読める人にとっては、(3)の等高線で置き換える価値が充分にありそうだ。

一方、別の問題があるという事も理解しておくのが良いだろう。(1)の地形図でさえ、O-MAPにくらべると、崖の表記が非常に大雑把なのに、(2)では更に大雑把になっている。地理院地図で道のない斜面を進むときは、充分に注意する必要がある。斜面の途中で、予想外の崖が現れて動けなくなってしまわないように!

(補足)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください