横浜市がん検診

横浜市のがん検診を受けた。

大腸は検便2回、普段は洋式だが、このときは和式が良い。洋式用に水面に置く紙も同封されているが、景気良くでると、紙ごと沈んでしまったりする。特に困るのが自動洗浄式が増えていること。今回は、2回とも駅の少し古いトイレの和式で済ませた。

2度目の鼻から胃カメラ、最初検査室で小コップで胃の動きを抑える薬を飲み、検査ベット上仰向けで鼻からミント系グリースのような麻酔薬を注入、喉に流れてきたのを飲み込んでしばらく待ち、横姿勢になり右鼻からカメラ挿入、少しツン?と来るが麻痺しているので大したことなし、喉まで先端が来たところで飲み込むようにしてと言われゴクン、あとはなされるままに胃の奥までゴリゴリと、何分かかっただろう?時間不明。

11時50分検査終了、問題なしとの事。

飲食は13時まで待ってとの事、直後は確かにつばの嚥下がちゃんとできない感じ、12時40分ころに嚥下OKの感じになった。

古い胃カメラはやった事ないけれど、新しいので良かったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください