ナショナルジオグラフィック 2017年11月号 すごいぞ翼竜

内容:EXPLORE キリマンジャロ山消えゆく氷河の年代
   アフリカ南部 巨大湿原の未来を守る
   地上でいちばん幸せな場所
   空を飛ぶ世にも奇妙なモンスター
   ジェーン・グドールの素顔
   迫害されるロヒンギャ
   廊下で見つけた希望
   アイヌ、百人百様
   日本の百年 広島のカキの養殖

   

EXPLORE キリマンジャロ山消えゆく氷河の年代
見開き2ページだけ。キリマンジャロはアフリカ最高峰で山頂に氷河があり、2020年には消えるといわれている。その氷河は年代も不明で調査するそうだ。遠景写真で氷河と調査隊のテントが写っていて、40mもある氷河の絶壁の高さが印象的。---キリマンジャロ、行って見たいな、5日くらいで高度馴化しながらのツァーがあるようだが、馴化できるかな?

アフリカ南部 巨大湿原の未来を守る
動物のドキュメンタリーをよく見る人なら聞いた覚えのあるだろう場所、アフリカ南部のオカバンゴ・デルタ地帯、数か国にまたがる河がその水源だが、保全をめざして大規模な調査が進められている、そのレポート。一方、上流でダム建設や灌漑工事が進められようとしている。進み方次第では、干上がってしまうようだ。

地上でいちばん幸せな場所
調査会社ギャラップの調査に基づいて、国連が毎年作成している「世界幸福度報告書」についての記事。デンマーク、コスタリカ、シンガポールが取り上げられている。日本の都道府県別のランキングも作られていて、客観的幸福度は高いが、主観的幸福度は低いのが、鳥取県と石川県など興味深い、その逆もあり。---それぞれの指標はどう作られているのだろう?

空を飛ぶ世にも奇妙なモンスター<特別付録付き>
翼竜、最近の研究によると、虫サイズからキリンサイズまでいたようだが、キリンサイズのものも地上から自力で飛翔できたとの事。---だったら、羽ばたき型の飛行機も作れてよいのではと思うのだがエンジンが問題か?

ジェーン・グドールの素顔
チンパンジーに対する認識を一変させたジェーン・グドールの話。未発見のフィルムなどからたどった。ナショナル・ジオグラフィックの求める写真には違和感もあったようだ。

迫害されるロヒンギャ
ミャンマーから国境を越えてたどりついたバングラデシュの難民キャンプでの取材。

廊下で見つけた希望
フィリピンのマニラのスラム街にある公営アパートでの住人達の生活の写真。

アイヌ、百人百様
写真家の宇井さんが相手の気持ちまかせで撮影したもの。気の向く人だけ、その人の気持ち次第の格好。次に撮影する人も指名も頼んだ。アイヌらしさを表すものを身に着ける人も、そうでない人もいる。

日本の百年 広島のカキの養殖
20世紀初めには「ヒビ建養殖法」という最初竹のヒビにカキの幼生を付着させ、その後干潟の砂の上で育てたそうだ。---1ページだけだが面白い。ヒビ:竹冠に洪、変換候補に出てくるが確定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です