月例湘南マラソン参加100回達成


先週日曜は久しぶりに月例湘南マラソンに参加したのですが、ついに通算参加回数100回という事で、写真入りの記念図書カードを戴いてきました。まさか5枚ももらえるとは予想外でした。

100回というのは自分で言うのもなんですが、大したものです。毎月参加しても9年弱。最初の参加がいつなのかを調べたら、1984年10月7日。約23年前でした。参加率37%。前回は昨年10月で、ほぼ半年ぶりだった事もあり、結構参加しているなあ意外だという印象です。月例と別にフルマラソンが開催されて、走ったこともありました。


スタート付近からのパノラマ 拡大図(600KB)


2000-8 夏 ぎらぎらした陽射し

2003-1 富士山

2003-1 スタート直後のコースに砂の浸入

2005-10 富士山

2005-10 年間とおしてサーファーがいる海

2006-1 正月は恒例の鏡割り

この大会、何のきっかけで見つけたか今となっては覚えてないのですが、参加した理由としては気軽に参加できるという事のほかに、その景色の良さがありました。行きは富士山、帰りは江ノ島を見ながら走れるのです。コースは以下のようで、初心者や子供も参加しやすいように、1kmからハーフまで種目があります。2月の参加者数は、ハーフ219人、10km252人、5km137人、3km114人、1km130人、ファミリー(1km)16人。1kmは子供が過半です。

今年初めて開催される湘南国際マラソンや箱根駅伝のコースとの関係が判るようにしてみました。湘南国際マラソンや箱根駅伝は車道を走るのに対して、月例湘南は砂防林の海側にあるサイクリングロードを走ります。そのせいで風次第では砂がコースに出るのが難点ではあるのだけど、その分、海がよく見れるところがとても魅力的です。海が見えると開放的な気分が味わえるし、小さい子が一所懸命走っているのも楽しい。

拡大図(270KB)

この大会は月例で第一日曜と決まっており、事前申込みも不要なので気軽に参加できます。今回は通算の参加回数で記念品をもらいましたが、以下のとおり連続や通算でいろいろな記念品があります。

そして「参加者のひろば」というのが発行されていて、前月の記録が載っているのも続けて参加する人が多い理由だと思います。なお、紙面左上にあるマークは以前募集していた時に自分が応募して参加者投票1位になったものをベースにしたものです。ま、これも自分にとっての思い入れになっています。

拡大図(370KB)

2月は今までで最大の新規参加者だったとのこと。3月もとても人が多く賑やかでした。東京マラソン、湘南国際マラソンの効果のようです。参加してみたい人のために、参加費は、大人800円、中高校生500円、小学生以下300円、ハーフは+500円、初参加は別に500円。最寄駅(鵠沼海岸)からの地図はこちらです。

この大会、毎月の開催で、風で砂が出ればコース横に動かしたり、人数も多いし、主催者はよくやってくれています。本当に感謝します。また記念品もありがとうございました。今後とも継続的な開催をしてくれたら嬉しいです。

神奈川では、ここ湘南以外にも新横浜(第3日曜)と川崎(最終日曜)でも月例マラソンが開催されています。主催者のWEBサイトはこちら

さて、今日はこれを書きながら。名古屋国際女子マラソンをTVで見ていましたが、最後は見ていて息の詰まる闘いで選手の思いが伝わってくるような感じでした。ああいうのを見てると、ついつい自分も!と思います、が故障しないようにしなくちゃですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です