efaxの送信とgmail

efaxというインターネットFAXのサービスを使ってるのですが、gmailで送信する際に注意点があるのに気づきました。

このefaxというのは最近良くインターネット広告してます。機能としては、メールにwordなどのファイルを添付して指定アドレスに送信するとFAXを送ることができ、また受信したFAXを添付ファイルにしてメールで送ってくれるサービスです。物理的なFAX機器を持たないで済みます。メールでやりとりできるので場所にも拘束されません。

というメリットがあるので使ってるのです。実は送る方としてはほとんど使ってなかったのですが、今日使ってみて注意点があるのが判りました。ひとつのgmailアカウントで、gmail.comのアドレスもasobox.comのアドレスもその他も発信アドレスを切り替えて使ってます。この切替機能はなかなか便利です。ところが、この使い分けがefaxに対しては通用しないというのが判りました。どの発信アドレスに切り替えても、efax側はオリジナルのgmail.comのアドレスと判断し、そのアドレスからの発信が登録されてないとFAX送信を拒否されてしまいます。

という事なので、efaxをgmailで使うときは注意しましょうという事でした。

余談ですが、d-faxというインターネットFAXもあります。受信専用ですが、初期登録費用のみで月額は掛かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です