北海道マラソン復路をジェットスターで安く買えました

話題のLCCジェットスター、早速北海道マラソンで予約してみました。今までの航空会社とは料金体系が違うのでいろいろ注意しないといけないようです。

1年前から予約できるというのは大きいですね。これも安さの秘密でしょう。一方、安く買うには早く予約する必要があるという事。

料金が東京札幌便の場合、最低4590円という事ですが、どういう基準で料金が変わるのかよくわからないのですが、残席が減ると自動的に高くなっていくようです。今回行きは8月25日(土)午前の2便、帰りは8月27(月)夕方を考えたのですが、行きは今朝みたら高くなっていたので使うのやめました。今みたら更に上がって11490円で、これならスカイマークやエアドゥと変わりません。横浜からだと、羽田にくらべて成田空港まで1000円&1時間は余分にかかるので、この金額だと選択肢になりません。帰りはまだ安くて全部たして6180円でとれたので予約しました。エアアジアの料金はまだですが、往路はエアアジアかもしれません。

参考までに土曜日の便の料金を比較してみました。8月25日の2便が高いのは、やはり北海道マラソンで移動する人のせいでしょうね。
料金の違い

料金体系としては、基本料金+予約料(200円)+受託手荷物料金+座席予約など料金という4の要素からなっています。最低4590円というのは基本料金になります。

機内持込は56cm×36cm×23cmの1個と小型品目(ハンドバック、本など)1個と合わせて10kgまで、これ以上は受託手荷物になり重量によって料金が変わり、予約時と当日とでも違います。

座席予約などのオプションには690円のPLUSというのと7700円のMAXというのがあります。オプションなしだと座席指定もできません。やはり窓側を取りたいのでPLUSを付けました。PLUSを付けたら、どの席でも自由に取れるかというとそうではなくて、前部の窓側とか、足元に余裕のある席は更に料金が追加で必要です。後部の窓側にしました。

復路予約内容

(2012-4-26)今日「Jetstar Online Registration」という英語のメールが来た。メール中のリンクの先も英語のページ。釣った客には、日本語はいらないという方針?日本語のサイトにログインすると、同じ内容の日本語ページにたどり着きました。

その後の料金も見てみました。成田発新千歳の便です。8月11日って夏休みツァーの混雑日なんでしょうか。
料金の違い2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です