テレビ録画のディスク保管

ミラーリング機器(玄蔵)ずいぶん昔からためたテレビの録画。昔の8mmビデオやVHSはだいぶ前にデジタル化(mpeg)してハードディスク化済です。ただし、だいぶ前だったので160GBを中心とした容量なので数が結構あり、テープよりは省スペースだけれど、それでも重いし場所をとります。また障害対策なしなのでディスクが壊れたら消えるという状態。

最近のディスクの価格をみると3TBで1万円強でした。そこでディスクを2重化(ミラーリング)して集約する事にしました。ミラーリングの機器も4千円。

機器は揃ったのでコピー中。過去のディスクで駄目そうなのがあって、2個コピー保留中。まあしようがない。win7のノート(USB3.0非対応)を経由してのコピーが100GB/80分という実績です。

ろくに事前調査しないで機器を買って気づいたこと2点。
1.ミラーリング機器は玄人志向の「GW3.5AX2-SU3/MB」というのでとても安いが、まさに安かろうである事。英語のB6サイズ20ページのマニュアルに初期設定の方法は出ている。また、冷却ファンもついていて、音も大した事ない。ここまでは良いのだが、ミラーリングした一方のディスクが故障した時にどのようにして知るのか、そして復元機能があるとは書いてあるがその操作方法が全くマニュアルに書いてない。復元操作を間違えると正しいディスクの中身を消す可能性があるので、ここは説明必須です。なお、2個あるディスクを別々に使う分には、そういう問題もないので、ミラーリングした後、分離して使う事も検討中。
2.3TBのディスクはwindows VISTA/7以後でないと3TBとして認識しない。2TBとして使ったのでは勿体ないと思い、3TB用の形式にしたので、予備パソコン(winXP)では使えない。

(2012-7追記)
ミラーリングのトラブル対応についてのマニュアルがないので自分で試した結果を追加します。
・HDDのアクセスランプは、HDDが入ってないと点灯せず、HDDが入っていてもUSBでパソコンにつないでないとやはり点灯せず、HDDが入っていてUSBにつながっていてアクセスがないと点灯しっぱなし、アクセスがあると点滅。という事のようです。故障したHDDを入れたらどうなるか試してません。
・HDDを2台入れてミラー(RAID1)の設定にして、ファイルD1とD2を書き込んだ後正常な手続きではずして電源オフ。この状態で1台(設置状態でランプ側からみて左側)のHDDをはずして、再びwinXPのPCにつないだら認識せず。
・ここで本来なら認識したところでファイルD2を削除、新規にD3を追加して停止させ、先ほど外したHDDを戻す予定だったが、認識しないのでこの実験ができない。
(続くつもり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です