PayPalの本人確認がなんだか変

迷惑メール・フォルダをみたら「PayPalからの本人確認依頼のメール」が入っていた。これはフィッシングかな?と思ったが、中身をみると、どうもそうではないらしい。

しかし、PayPalに登録したのはずっと前だし、何故今こんなのが来るのか不明。PayPalの自分のアカウントをみてみると、「本人確認」の他に「ポリシーの更新」という通知が来ていた。9月30日発効で、パーソナルユーザーも利用額10万円を超えるとプレミアユーザーとして登録する必要ありとの事なので、これにひっかかってプレミアユーザーに変わり、さらに本人確認を要求されたのかと推定される。

では、という事で作業してみると、本人確認書類の画像をアップロードするかFAXするとの事。住基カードの画像を送信した。.....するとメールが到着し、住基カードの氏名が日本語なのに、アカウントの登録が英字になっているので、アカウントの登録を変更してくださいとの事。.....このアカウントって確かクレジットカードの表記に合わせてるはずなのだが、まあそれはおいといて.....氏名を変更しようとしたら12字のスペルミス対応ならその場で出来るらしいが、そうでない場合は身分証明を送れというので、また住基カードの画像を送ってやった。.....さて、どうなることやら。

(2012-12-14追記)
で、結局今日メールが来て日本語の氏名に変更されました。ところで最初のメールは、Nikitaさん、次はSerenaさん、今日はRubyさん、PayPalの日本語でのサポートは、どこでやってるのだろう?東南アジアのどこかかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です