ついに横浜プリンス閉館してしまいました

この金曜日(6/30)に、すぐ傍にある横浜プリンスホテルが閉館した。オープンしてから50周年だそうだ。


夜、磯子駅を降りると丘の上のホテルには「50年アリガトウ」の文字が浮き上がっていた。そして、駅の入り口あたりでは、携帯のカメラを構えている人が沢山。自分も撮ってきました。




そして、プリンスのマンションをホテル専用エレベータで上り、坂の上を越えて空中移動してホテルに入れるようになっているのだが、そこからホテルに行ってみた。この通路も6/30(正確には7/1の1:30)で閉鎖でした。エレベータの入り口も空中通路の中も、もうポスターとか片付けてあって寂しくなっていた。そして、ホテルの中も、ロビーの喫茶のところも閉店していて、いるのはカメラを持ってウロウロしている人ばかりだった。

この日はなんだかプリンスに縁のある日だった。たまたまインターネット上のショートフィルムで見たのが「ラベル」というドラマ、山崎努父娘の競演。知る人ぞ知る、というか殆ど誰も知らないがプリンスに縁のあると言えるものでした。

翌日、走った後にホテルの駐車場でストレッチしたのだが、最近急増していた車もなくなり、片付けの車ばかりで、宴の後という感じだ。駐車場周辺の草がボウボウとなっていた斜面などは、たつ鳥跡を濁さずという事なのだろう、綺麗に刈ってあった。以前は駐車場内の芝生も綺麗に刈ってあり、走った後裸足になると気持ち良かったのだが、さすがにこちらはそのままであった。

磯子のランドマーク、なくなるとなると寂しいものだが、さてさて自分はとよく考えてみると、改装前のプール、つい最近感謝料金になったフラワープロムナードに行ったくらいで、お金を払ったことって殆どありません。今住んでいるマンションも元は西武の宅地だったので間接的には、つながっているのですが。

さて、この跡地ですが。野村系の不動産会社が2000戸規模の住宅にするそうです。まだ、地元自治会への計画説明はないですが、せっかくの場所だから、やはり見晴らしを活かしたランドマークになるような施設もできると良いなと思ってます。実際、商業施設の可能性もあるようです。


その後

2006-7-10 先週は夜遅くまで客室の電気がついていたので、備品とかを撤収していたのだと思うが、今日になってみると客室は真っ暗で、レストランなどの下層フロアのみの点灯していた。敷地は先週中に工事の塀で囲まれた。なかなか見ごたえのある枝垂桜があり、当初はこれも塀で囲まれるはずだったが、周囲の自治会など要請によってだろうか、この部分は塀の外になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です