マスターズ2013の参加統計、エストニア人が一番OL好き?

2013年のオリエンテーリングのマスターズ(8/2-10,於イタリア)の参加者リストを集計してみました。そして、参加者数が20人以上の国について、人口あたりの参加者数を計算して順位をつけたところ、TOPは断然フィンランドでした。

ただ、海外まで出かけるとなると、先立つものが少なければ、いくら好きでも行けないでしょうから、一人当たりGDPも上位について知らべたところ参加率が2位だったエストニアが断然少ない事が判明しました。これを考慮すると、世界一オリエンテーリングが好きな国はエストニアかもしれません。なお、人口やGDPはwikipediaを参考にしました。

海外の大会では、参加費は決まった金額ですが、宿泊でだいぶ金額を節約できます。一流のホテルもあれば、ハードフロアといい体育館や学校の教室に寝袋で寝て参加できたりします。今回のマスターズの安宿がどうなっているかまで調べてませんが、きっとエストニアの参加者はいちばん安い方を使ってるのでしょうね。=>公式ページによると「ハードフロア」はなくて「2stars Bed and Breakfast」が一番安くなってました。

2003年のスイスの大会に参加した時は、受付会場で受付が終了して余った袋入りの配布物から中身を捨てて、袋を沢山持ち帰っている人が何人もいました。たぶん東欧からの参加者かと思われます。今や当たり前で何のありがたみのないビニール袋も、昔であれば日本でも貴重だったわけで、きっとそんな物不足状態なんだろうなと感じました。

国名 参加人数 人口(万) 参加率 GDP/人($)
Finland (FIN) 571 533 0.01071% 36,217
Estonia (EST) 107 134 0.00799% 20,259
Norway (NOR) 386 499 0.00774% 53,450
Sweden (SWE) 332 925 0.00359% 37,245
Switzerland (SUI) 152 757 0.00201% 42,783
Denmark (DEN) 67 551 0.00122% 37,265
Lithuania (LTU) 28 325 0.00086%
Czech Republic (CZE) 80 1,037 0.00077%
Belgium (BEL) 45 1,065 0.00042%
Russia (RUS) 398 14,334 0.00028%
France (FRA) 100 6,278 0.00016%
Australia (AUS) 31 2,129 0.00015%
Germany (GER) 95 8,033 0.00012%
Great Britain (GBR) 69 6,203 0.00011%
Ukraine (UKR) 50 4,571 0.00011%
Italy (ITA) 57 5,987 0.00010%
Spain (ESP) 33 4,599 0.00007%
Japan (JPN) 34 12,653 0.00003% 36,179
Brazil (BRA) 37 19,373 0.00002%
United States (USA) 29 31,038 0.00001%
Argentina (ARG) 2
Austria (AUT) 12
Belarus (BLR) 16
Bulgaria (BUL) 4
Canada (CAN) 11
China (CHN) 1
Hong Kong (HKG) 2
Hungary (HUN) 19
India (IND) 4
Ireland (IRL) 2
Israel (ISR) 7
Kazakhstan (KAZ) 9
Latvia (LAT) 16
Moldova (MDA) 4
Netherlands (NED) 6
New Zealand (NZL) 9
Poland (POL) 6
Portugal (POR) 19
Republic Serbia (SRB) 2
Romania (ROU) 17
Slovakia (SVK) 7
Slovenia (SLO) 1
South Africa (RSA) 5
Turkey (TUR) 4
Uruguay (URU) 1
総計 2887

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です