カード型データベースでの大会記録管理

前回のタイムはどうだっけ?とか、この地図で以前大会あったはずだけどいつだっけ?とかいう事ないですか。そういう時に使えるデータベースです。


以前、スマホ Xperia mini pro の購入&設定(1)で書いたように、昔からの大会出場の結果は感想なども含めて、カード型データベースに入れて管理してきました。ZAURUSでは最終的に portabase というソフトで、現在のスマホ xperia mini pro では、SQroidというアプリにportabaseからデータ移行してきました。

で、最近ですが、xperia mini pro で SQroid から memento というアプリに移行しました。当初、mementoはアプリの起動は遅くないが、データの呼び出しが極端に遅いのがどうしようもなくて使いませんでした。ところが、xperia のandroidをバージョンアップして 4.0.4 にしたら、全く別のアプリかと思うほど早くなり、あらためて評価しなおして移行した次第です。両ソフトとも csvファイルへのインポート/エクスポートができるので移行は容易にできました。

このアプリでは、イベントの記録をデータ登録する際には類似の過去のデータを編集して登録する事ができ、またランニングの10kmのみに絞りこんで表示したりできます。また、上ですでに書いたようにcsvファイルとのやりとりが容易にできます。

一方、このアプリはデータにも項目名にも日本語が使えるのですが、管理画面は全て英語で、日本語マニュアルもないので、少しまとめておきます。

インストールでは特別なことはなく google play で「memento database」を検索してインストールするだけ。フリーソフトです。有料版もあるけれど、たぶん不要。

1.データベースの定義
アプリ起動⇒画面左下の+をタップ⇒Add Libraryをタップ⇒Customをタップ(あるいは既存テンプレートをタップ)⇒データベース名を入力(Library Nameのところ)し、LIBRARY ENTRY FILEDS の右のADDをタップして、項目名を入力、Field type はすべて text 。Display in the list as の設定が重要。項目を設定し終わったら、画面左上のDONEをタップ。



Display in the list as を entry name にすると、左画面のentryのところに、entry description にするとdescriptionのところに、entry status にすると、statusの場所に表示され、regular fieldにすると表示されません。

自分が登録している項目は次のとおり。大会ID、大会名、区分、時間、順位、%、場所/地図、天気、費用、詳細、5km、10km、15km、20km、中間、25km、30km、35km、40km、GOALです。とフルマラソンの距離別に項目を作ったのですが最近はまとめて詳細に記入してます。区分はRUN/5/のように定型化しているので、これが検索キーに使えます。オリエンテーリングでは、区分をOL/M21A/のようにし、場所/地図を静岡.富士/奇跡の森のように記録しています。

2.データの登録
データベース名をタップした後のデータ一覧の画面右上の+をタップ。既存のデータをコピーして追加するには、データ一覧の中でデータを長押しして Copy をタップ。各項目を入力し終わったら、画面左上のDONEをタップ。

3.検索方法
データ一覧の画面を左スワイプすると検索画面が右側に表示されます。検索画面の一番上にある Sort で表示順番を指定できます。表示順は、項目名を指定して、asc(昇順)/dsc(降順)を選択して、画面下のSaveをタップ。絞込みを指定するには、Filtersで指定できます。Filtersをタップ⇒Create filterをタップ⇒filter名を入力してOK⇒選択条件を設定して画面左上のDONEをタップ。選択を解除するには、Filtersの後にRemove filterをタップ。すでに設定したfilterを再度呼び出すには、Filtersの後にCreate filterの下のところをタップしてOK。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です