Nexus5 Special(キーボード付き)

Nexus5を購入はしたものの、Xperia mini pro のようにキーボードが使いたいと思いました。願えばかなう?というわけでできたのが、Nexus5 special です。

Nexus5スペシャル
願ったらキーボードが生えてくれば良いのですが、さすがそうはいかなかったので、市販品を探して加工してみました。まず、bluetoothキーボードで検索して、外付けできそうなのを探したら、みつかったのが iPhone5用のもの。

キーボード
iPhone5用bluetoothキーボード(amazon)

何種類かありますが手に入れたのは写真のスライド式のもの。Androidで使えたという情報は検索できなかったのですが、そう高くはないので使えるかどうか賭けてみました。amazonでも出品者が沢山います。その中で、PCBOX78という出品者から買いました。どこがベストかは分からないですが、すぐに商品は届きました。で、充電してペアリングしてやると、特別にドライバやアプリを入れることなく無事認識してくれました。スライドすると自動で電源ONになる仕組みではなく自分でONにしてやる必要はあり、またONにしても認識しなくてペアリングしなおす必要があるときもあり、完全に安定してるとは言えないのですが、つながってしまえば特に問題ありません。キータッチはXperia mini pro や Zaurus SLC760 に較べると、もうひとつですが、ま、しようがない。なおNexus5の日本語入力は、ATOKを使っています。

次に物理的にどう繋ぐかです。機能的につながっても物理的にどうなのかも買ってみなきゃ分からないのですが、当たりました。iPhone用ケースとキーボード+スライド台が小さいネジでつながっていたので、まずはこのネジをはずしてキーボード+スライド台を分離しました。そして、これをNexus5にどうつけるかですが、いつでもはずせるようにNexus5のケースにマジックテープで貼り付けました。Nexus5のケースは、SPIGEN(amazon) を使っています。そして、マジックテープは普通のだと厚みがあるので「HCP メカニカルファスナー NC001(amazon)」という薄いものを使いました。

キーボード取り付け

ま、こんな感じで使えてますが、いくつか残念なところもあります。
・キーボードを引き出した状態での重量バランスが若干悪い。カメラのレンズ位置の関係で左右がすこしアンバランスです。Nexus5本体がもう少し軽いと良いのですが、前後も少しアンバランスです。
・キーボードを引き出さないと、カメラのフラッシュが使えない。フラッシュとレンズの位置関係がiPhone5と縦横の違いがあるので、これはもうどうしようもない。さすがにキーボード本体を加工するのは、たとえ出来たとしても不細工になってしまうので止めました。

やってみたいかたは自己責任でどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です