電子内容証明でトホホ

電子内容証明利用環境
どんな内容の文書を送ったか日本郵便が証明してくれるのが「内容証明」、これを郵便局に行かなくても発送できるのが「電子内容証明」というサービス。

で、これを使おうとして、一苦労しました。あまり役立たないかもですが、メモしておきます。

(1)環境が合わない:文書そのものの作成はワープロソフト、電子内容証明の文書としてまとめる?作業は専用アプリ、そして送信するにはブラウザを使うために利用環境が複雑になっています。パソコン本体のOSはwin8.1にしてしまった。「8.1はサポート対象外です。」と明記されている。仮想PC(VirtualBox)にはwinXPがあるが、Wordが2003でなくて2000、IEが6でなくて8。という事で完全に条件を満たすパソコン環境がありません。

(2)win8.1でNG:専用アプリをインストールしようとしたら、なんとc:\japanpostという場所に入れようとします。ふつうc:\Program Filesの下なのに!そこで変更して\Program Files下にしました。すると、殆どは指定された場所にインストールされるのですが、一部がc:\Program\binなんて場所にインストールされてしまいます。その後、動かしてみると、ワープロファイルを画像ファイルに変換する段階でプログラムが見つからない旨のメッセージがでて、これは先ほどのc:\Program\binの下にあるファイルでした。
そこで、c:\japanpostにインストールし直したところ、動いたのですが、途中で「印刷機能のタイムアウト」と出て、ワープロファイルを画像ファイルに変換するところで停止してしまいました。

(3)winXP+IE6でOK:wordが2000、IEが8と指定の環境と違います。動かしてみると、ワープロファイルを画像ファイルに変換するところまで動き、次の送信のところで止まってしまいました。
そこで、苦労してIEを6に戻したところ送信できました。
IEを8から6に戻すのは、、最初は参考サイト1を参考にしてやったのですが全然戻せず、次に参考サイト2を参考にしたらスムーズにできました。このあたりは環境次第なんでしょうね。

(4)あれ?winXP+IE8でもOK:(3)で動かしてOKと喜んでたら、その間にWindowsUpdateがかかって、再起動したらIEが8になってしまいました。あれ、また戻さないといけないかもと、動かしてみたら動いてしまいました(最終の送信ボタンは未確認)。最初のIE8の時と何か違ってるのでしょうね。とりあえずWindowsUpdateが自動的にかからないよう設定を変更しました。

(5)あれれ?win8.1でもOK:その後、本体のwin8.1で動かしてみたら、なんと動きました(最終の送信ボタンは未確認)。なんだか判らない状況ですが、環境を確認しておくと、Windows 8.1 Pro 64bit + Word2007 + IE11 で動いたようだという事になってます。

うん、なんだったんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です