POLARの電池切れに注意

現在、心拍計つきの腕時計POLARS625Xを使っています。

最近、せっかく時計で記録しても、パソコンにデータをアップロードしようとすると、件数確認のところまでは進むのですが、次のステップでデータ本体をアプロードする段階で進まなくなってしまうという状態になりました。ほかのパソコンでも同じ症状、しかし表示ははっきりしていて問題なし。てっきり赤外線関係が故障したと思ってPOLARのサービスセンターに送ったら電池のパワー不足という事でした。

実はアップロードできなくなるから、センサーを濡らしておいても、走り出してから記録が安定するまでに30分以上かかる事がしばしばありました。個人差なのかな?と思っていたのですが、これも電池交換後にはかなり状態が良くなって数分で安定するようになっています。

元々自分は走り出して最初の段階でのセンサーからの電波が出難いのかもしれませんが、それが更に腕時計側の電池パワー不足による受信感度低下と相まって悪くなっていたようです。

という事で、たとえ液晶表示がはっきりしていても、記録や転送がうまくいかない時は電池のパワー低下が原因かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です