全日本フィギュア選手権

昨日、トレッドミルで走りながら全日本フィギュア選手権を観戦。

まあ順当な結果という事でしょう。太田由季奈の終わったところから観たのだけれど、大崩れした選手もいなかったが、まとめきった選手もいなかったというのが正直なところだ。浅田真央は最初の失敗のあと、しっかりまとめたのは良かったが、やはり3アクセルが欲しい。安藤美姫も、なんとなく全体の流れがもうひとつで、ぎくしゃくした感じがあったがジャンプは良くまとめた。まあ一番力を出し切ったのは中野友加里だったかもしれない。村主章枝はショートではすべりに迷いがない感じで、もしかすると3位内に入るかと思われたが残念な出来でした。

しかし、今年はキム・ヨナの出来が良いので、このままでは世界選手権は厳しいかもしれませんね。しかし、浅田、安藤ともまだまだ進歩途上、TVでは話す内容も良くなってきているし、あと3ヶ月頑張ってそして楽しんで滑って欲しいです。

フィギュアスケートはクラブスポーツなので、あまり大学は関係ないのですが、女子は早稲田の時代です。昨日のTVでも、解説の八木沼純子、荒川静香、選手の村主章枝、中野友加里、武田奈也とぞろりといます。

スケート連盟のWEBサイト、ちょっと調べようと思っていったら、トップからのリンクがボロボロでした。これはちとひどい。

トレッドミルで音をどうするか以前書きましたが、結局アナログラジオになりました。調べているうちにワンセグは室内での受信は期待できないようなので、今更と思うけれどラジオという事です。yahooオークションで探したら、なんと1000円でTVの12chまで受信できる名刺サイズのものがありました。まあアナログTVの2011年停波も、最低2年くらいは延びるだろうという気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です