Windows Vista 移行の顛末

年末土壇場になり、さあ年賀状を作ろうという時になって、WindowsXPが動かなくなった。途中は省略するが結局vistaに移行したので、どうだったかをまとめておきます。あくまでも独断と偏見ですが。

PCは1年前に買ったThinkpadT60pで、CPUはintelのT2600で2.16GHz、メモリーも1GBと、最新ではないが、いずれvistaを動かすことを考えていたので性能的には一応問題なしでした。画面のスタイルは、少しでも軽やかなほうが良いので、クラシックにして、windows2000の頃のデザインを引っ張っています。

予想よりは問題は少なかったですが、移行作業上&使う上でのいろいろ問題点がありました。

[良くなった点]
・windows explorer:いろんな階層へのアクセスのしやすさなど使い易くなりました
・安定性:今までハイバネーションから戻ったときにハングアップすることがありましたが、今のところおきていません。またハングアップしないまでも、背景画像やウィンドウ内の画像の表示が白黒の縞々模様になってしまう現象はしばしば起きていたのですが、これも発生していません。

[困った点]
・スタートメニューの順番が変えられない:一見変えられるようにみえるのですが、すぐに戻ってしまいます。クラシックスタイルでない場合は変えられるのですが、画面占有面積が大きいので使いたくありません、その場合もフォルダと個別のショートカットの混在での並べ替えはできないようです。ショートカットに番号を付けるしかないかと考えてます。
・Thinkpadのボリューム調整ボタンが効かない。何かソフトを入れれば解決するのだとは思います。

[移行上引っかかった点]
・ずいぶん前から使っているPDF作成ソフトのAcrobat4.0が使えなくなりました。XeloPDFというフリーのソフトに移行しました。毎回広告のページが開きますが、そこは無料なので我慢です。
・旧いプログラムのヘルプが動かない:標準のvistaでは動かなくなりました。ただし、microsoftのサイトからヘルプを動かすためのプログラムをダウンロードすると動くようになりました。
・WinDVDがインストールしただけでは、wnaspi32.dllがないというメッセージが出る。WinDVDのインストールフォルダ内のASPIINST.EXEを実行して解決。
・テキストエディタWZが別名保存できない。Apsalyという新しいエディタを導入した。このエディタ、なかなかの高機能で素晴らしいですが、印刷機能がなかったりして完全移行はしていません。このソフトもフリーです。
・森を走ろう!のサイトのメンテナンスに使っていたteraterm+ttsshというソフトの組み合わせが動きませんでした。両方のソフトをセットにした teraterm_utf8-4.56.exe をダウンロードして移行しました。なお、ftpソフトであるffftpは再インストールも不要でそのまま使えました(windows本体とその他は別ディスクに分けています)。同じくフリー。
・仮想CD/DVD用のソフトとしてCD革命Virtualというのを使ってきましたが、これも動かなくなりました。Alcohol 52% というフリーのソフトで代替しました。このソフトはCD革命と異なり、圧縮機能がありません。そこで、仮想CD/DVDを入れるフォルダをvistaの機能で圧縮フォルダにしました。
・そのほか、細かい点では、どこに何の機能があるのか判らなくて随分調べました。


2008-1-11 スタートメニューの替わりに Orchis launcher というソフトを入れて、順番をコントロールするだけでなく、どこにでもメニューを表示できるようにできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です