みなとみらいに森林公園?

先週、郵便受けに入っていたのが「横浜自由クラブ新聞」、これによるといなとみらい地区で売却の決まっていない場所を開港150周年記念に森林公園を建設する提案をしたそうだ。

これが実現したら素晴らしいですね。都市中心部にも広い緑があると、そのまわりの人の気持ちにも余裕ができるのではないでしょうか。ひいてはクリエイティブな成果も出易くなるかもしれません。

まだ何も決まってないし、広さも判りませんが、とりあえず地図にこんな所かなという範囲を地図に描いてみました。ついでに、横浜の代表的なテレインである根岸森林公園、こども自然公園、瀬谷市民の森も同縮尺で並べ、更にその隣接で日本への返還方針が決まっている米軍基地も描きました。

こうして比較してみると、既存の臨港パークと併せると「みなとみらい森林公園」は、根岸や瀬谷と同等か少し広いくらいになるようですので、充分にオリエンテーリングを行えそうです。

市としては瀬谷にも公園を計画しているそうなので、今の市民の森とつないでくれたらとても楽しみなテレインになるかもしれません。根岸については、まだ計画は全然聞こえてきませんが、期待したくなってしまいます。

横浜公園

「みなとみらいに森林公園?」への2件のフィードバック

  1. 職場がランドマークのオリエンティアです。
    臨港パークだけでも、マップがあればいいのにと思います。
    歩道橋なんかをつなげると、日本丸とか、桜木町駅まで今でも信号なしでつながってます。

  2. 毎年10月に横浜市レクレーション協会の山下公園でのイベント内で横浜オリエンテーリングリーダークラブが大会を行っています。その時の地図には、港の見える丘公園から臨港パークまで入っています。臨港パークの細かい特徴物までは描いてないですが、一応ありという事です。臨港パークだけだと狭いし、周りは人が多いので、どんなイベントを企画できるかがポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です