無料ソフトで作るロゲイン地図/印刷ノウハウ

印刷ノウハウをいくつかまとめてみました。

(1)正確な縮尺で印刷する

  • 前提として画像取り込みを正しく行う
    「6.2.2.地図画像のインポート」で説明したように、操作次第では取り込む時に画像が縮小されてしまいます。正しく取り込めてないかもしれない時は、図枠の縮尺や離れた2地点の距離を確認してみるのが良いでしょう。

    縮尺確認


  • LibreOfficeDraw(以下Drawと省略)で印刷する際に等倍を指定(デフォルトは等倍)
    LibreOffficeDraw設定


  • プリンタの出力オプションで縮小・拡大されないようにする
    等倍でページサイズいっぱいの地図を印刷しようとすると、周辺が切れるかもしれないがそのまま印刷して良いか?聞いてくる場合があります。この時、良いと返答し、縮小されないよう注意する。

    プリンタドライバ呼び出し
    プリンタドライバ設定1
    プリンタドライバ設定2


(2)拡大して印刷する

    調査の時には、拡大して、書き込みしたい場合もあるでしょう。

  • プリンタの出力オプション設定で印刷
    プリンタにより出来る場合、出来ない場合があります。例として、EPSONのGX5300では、次のように2枚とか4枚に拡大分割して印刷できます。細かい倍率の設定はできません。

    ポスター印刷設定
  • いったんPDFに保存し、画像変換し、印刷したい部分を切り出して印刷
    DrawのファイルメニューからでPDFに保存。PDF-Xchangeで開いて、jpeg画像ファイルに変換出力。次にIrfanViewで開いて必要な部分を切り出して印刷。

(3)真北が真上でない地図の印刷

  • いったんPDFに保存し、画像変換し、回転して、印刷したい部分を切り出して印刷
    DrawのファイルメニューからでPDFに保存。PDF-Xchangeで開いて、jpeg画像ファイルに変換出力。次にIrfanViewで開いて必要な部分を回転・切り出して印刷。
  • 横浜シティロゲインの場合
    真北が真上でない地図を何度も使ってますが、その際の処理はもう少し複雑で、上記の切り出しをした画像ファイルを再度Drawに取り込み、図枠などの後加工をしてから印刷しています。

(rogaine_mm_2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください