ジャパンロゲイニングチャレンジ2006菅平大会(2006/6/11)

開催日:2006年6月11 (日) 晴れ
場所:長野県真田町菅平高原
大会ホームページ(要項、プログラム、成績など):
http://orienteering.hp.infoseek.co.jp/rogaine/index-j.html


今年も恒例のロゲインに参加してきました。12時間と3時間のふたつですが、自分の出たのは3時間。

 注)「ロゲイン」とは、正式のものは24時間の時間制限で行うスコアオリエンテーリングと言えます。違うのは地図がオリエンテーリングのような精度の高い地図ではない事、チームでの競技だという事です。3時間のクラスはオリエンテーリングの地図で、個人での競技なので、まさに長時間版のスコアオリエンテーリングでした。

参加者は12時間クラスが多く、3時間のクラスは41人でした。12時間が土曜日の夜10時スタートで、夜を徹してのレースが終盤にかかる、日曜の朝8時が3時間クラスのスタートでした。12時間クラスは作戦タイムが長いので、参加者は道路や白樺荘内外にべたっとなって計画していました。地図は写真のとおり上田の付近まで入っているので、なかなか大変そうでした。こちらは冷やかしなので、気楽にみてましたが、ここは直進でショートカットだなんて結構無茶としか思えないことを言っているチームもいました。本当にあそこをショートカットしたのでしょうか。

3時間クラスはスタート約10分程度前に地図を見て、そこで作戦を立てます。昨年もですが、どうしても地図南西にある大松山を中心とした尾根上のポイントを回り切れなかったので「今年はなんとしても制覇してやる」と考えたので、あまり作戦も何もなし、いつも違って大松山山塊に直行する事にしました。人数も少なく天気も曇りでどうももうひとつ気分は盛り上がりませんでした。

さていよいよスタート、同じ方向に向かったのはひとり。しばらくバス通りを走って下っていると、後ろから足音が。道の逆側にわたって追い抜いて行ったのは、2位になったH氏でした。最初のポイントの湿原入口の23、30を取って、いよいよ山に。37に向かう舗装路を走っていると、前方にひとり。12時間クラス棄権のN氏でした。37をとり、50に達すると、直前に12時間クラスで優勝
したチームが直前に通過しました。そして本格的な畑の中の急斜面の道路から、笹やぶに入って直登し、小径に。このあたりは羊歯の林でした。尾根上の鉄塔に到着すると違う方向から12時間のチームが来て、すれ違い。まだまだ元気そうでした。101は直前の300mくらい小径が消えて笹薮の直進でした。風の音か工事のような音がする。こんな所で会わないよなとは考えるものの、しまっていた熊よけ鈴を外にぶらさげました。そして鈴を鳴らしながらの、薮の直進で時間もかかり、101で1時間。予想以上に時間がかかっています。次の110には逆戻りし、途中まで道を下って行くと、尾根につながっていそうな手頃な分岐が現れたので、その道に入りました。途中で道は消えたものの、それほど苦労せずにスキー場のオープンに到着。急斜面を登ってピークに到着すると、ひとり110のポイントから脱出するところでした。こちらも追っかけて110をゲット。後でLAP表をみた所、最初に同じ方向に向かった入間のM氏と判りました。次の125までは単純でしたが、101と同様ポイント直前は笹薮の直進でした。戻ってくだり、沢の奥から道を下るが全然76が現れない、結局地図の標記よりかなり下で発見。この後、48、53と取り、少し登り返して58の予定だったが、どうみても時間不足。予定を変更して58に直行。さらに73、38と取り、湿原対岸の道路に出たところでもう一度時間と距離を確認、30分弱あって、75まで往復してもゴールまで4km程度、75は探し回る心配もなさそうなので、75を取りに行きました。後はひたすら走り、身体が重くてきつかったですが、スピードを出し過ぎずに走り続けました。昨年みたいにバス通りの登りで脚がつったら遅刻でしたが、ぎりぎりで制限時間に間に合いました。

796点でシニアで2位、全体で7位でした。距離は20kmで登りが800m。ちょっと無茶だろうとは思ってましたが、大松山山塊制覇は無茶でした。41人中、山頂部の101、110、125のどれかを取ったのが7人、内2ポイントとったのが2人、3ポイント制覇は2人でした。全体の優勝者でも1ポイント、2位はひとつも取っていないという点から考えても、やはり無茶をしたと言えるようです。

自分のコースはカラーの地図に。全体の優勝者、2位、シニアの優勝者のコースをモノクロ地図にかいてみました。後者は実際の経路までは確認してません、確実なのはポイントの通過順のみです。

最後に今回使用した道具を紹介しておきます。写真のものですが、なかなか軽くて快適に走れ、裏のパターンが大きいのでぬかるみにも強そうです。一応、側面のプロテクトもされています。オリエンテーリングシューズに比べるとプロテクトは弱いですが、その代わり走り易くなっています。このところオフロード系のレースではナイキのエア・テラというのを使っていたのですが、昨年のこのレースであたるようになってしまい、スポンジでごまかしてきたのですが、新しい靴を買いました。Montrailの靴です。渋谷のアートスポーツで買ったのですが、家に帰って型名を調べようとしたらホームページに見つからず、古いモデルかなと思っていたのですが、17日に再度みたら見つかりました。Montrail highlander のヨーロッパ・日本・香港向け別注モデルだそうです。


GREGORYスティミュラス

水分補給用はこのテレインで3時間の場合、自動販売機をあてにするという手もあります。しかし、いつでも水分を取れるようにするためと、熊除け鈴などの小物を出し手入れしやすいようにしたいので、ハイドレーションザックを使いました。昨年も使ったものですが、Gregory Stimulus というモデルです。腰ベルトの部分にポケットがあり、そこが気に入ってます。

以下はLAP表です。polarでの自己計測結果なので、公式とは少しずれています。心拍からみると力を出し切れてません。脚のほうが先にきてしまった感じ。

2位(796) 、靴:Montrail Highlander別注

NO     経過時間 区間	 最大	平均
1(23)	0:10:33	10:33	153	137
2(30)	0:18:09	07:36	153	142
3(37)	0:27:50	09:41	151	144
4(50)	0:36:43	08:52	157	138
5(101)	1:00:36	23:52	155	142
6(110)	1:29:49	29:13	158	144
7(125)	1:48:44	18:55	157	142
8(76)	2:03:08	14:24	158	139
9(58)	2:08:49	05:40	153	140
10(73)	2:22:18	13:28	161	148
11(38)	2:31:50	09:32	159	140
12(75)	2:39:14	07:24	167	159
13(GL)	2:59:23	20:08	174	162

さてさて来年はいよいよ24時間レースの第1回。第1回という言葉にはとてもひかれるのだけれど、どうしたものか。お気楽チームといっても長いですからね。

クリックして拡大できます。磁北線間隔が500mです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です