森林について考える呼びかけ

木俣知大@東京農大OLGです。
是非多くのオリエンティアの皆さまに下記文面を読んでいただ
ければ、と思っています。よろしくお願いいたします。
(長文で本当に申し訳ありません)
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  オリエンテーリングの競技場である、
    "森林"について、みなさんで考えていきませんか?
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 これからの”森林”と“オリエンティア”の関わり方に
    ついて、一緒に考えていく仲間を募集しています!!
 オリエンテーリングの競技場である“森林”。普段、何気なく
走っている“森林”について、皆さん向き会って考えたことはあ
りますか?
 オリエンテーリングで使われる森林は、ほとんどが私有地。つ
まり、“庭”“畑”と同じです。そして、森林の多くは“木材生
産林”として手入れされて来ているので、所有者にとって見れば
森林は大事な財産であり、“樹木畑”であるのです。
 オリエンテーリングで使われている森林には天然林はほとんど
ありません。よって、オリエンテーリングで走っている森林(=
人工林)は、森林所有者の方々が苦労して手入れして創り上げら
れたものです。
 人工林というのは、勝手に自然に成長していくのではないので
す。苗木を植え付けてから、立派な林が出来上がるまでに、1ha
当たり150日近く作業が施されているのです。(オリエンテーリン
グのテレイン面積に作業費を割り当てると、大変な額になります)
 つまり、オリエンテーリングを楽しんでいる森林があるのも、
森林所有者の方々のおかげなのです。
 また、森林には“木材生産”としてだけでなく、土砂災害を食
い止めたり、水源を涵養する、二酸化炭素を固定したり、レクリ
エーション環境を提供するといった、“国土保全  機能”“生活
環境保全機能”“保健保養機能”などの様々な国民生活や生産活
動に必要な機能があるのです。
 しかしながら、環境財は市場原理に含まれにくい性質にあり、
外国産木材の輸入が促進され、生業として成り立たなくなり、国
内の林業は年々衰退していっています。
 林業が衰退する、というのは皆さんがご存じの通り、森林も荒
廃するという事なのです。今日土砂崩壊や河川氾濫などの森林荒
廃に起因する災害が発生しています。
 もちろんオリエンテーリングをする上でも、森林が放置されて
下草・低木が繁茂し植生の悪化したり、森林が脆弱になり倒木や
土砂崩壊が発生するなど様々な森林崩壊の影響が 生じています。
 そこで、
 私達は、森林の恩恵を一方的に受けるままであったり、森林所
有者との関係が曖昧な所が多いなどのオリエンティアと森林との
付き合い方を、森林荒廃が進む今こそ真剣に考えていくべき時期
にきているのではないか、と考え、グループを作って検討してい
くのが良いのではないか、と考えました。
 森林や森林所有者との関わり方を考えていきたい方から、多少
でもこの事に関心のお持ちの方は、是非とも呼び掛け人までご連
絡下さい(もちろん、森林に関する知識やオリエンテーリングの
経験などは一切関係ありません)。
 今後のオリエンテーリングの発展には切っても切れない関係で
ある森林について、多くの皆さんと研究して行きたいと思います
ので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 なお、グループのこれからについてですが、先ずは呼び掛けに
応じて下さった方々とご相談していこうと考えておりますが、当
面は私達自身の勉強に力を入れていこうと思っています。
 なお、将来的に研究会のようなものを設立して事業を開催でき
れば、とは考えております。しかし何よりも、出来る限り多くの
方に賛同していただいて、より広範な地域で輪が広がれば良いと
思います。多くの皆さんのご賛同、心からお待ちしております。
 ■呼び掛け人■ 
  澤田 晴雄(奥武蔵SC)、木俣 知大(東京農大OLG)
 ■問合先■ (用紙の送付もこちらまで)
  木俣 知大(きまた ともひろ)
      [address]〒182-0012 東京都調布市深大寺東町4-19-12
   [mobile](090)216-48627
   [e-mail]
※以下の文面を作成してみました。もしご希望であれば送付いた
 しますので、問合先までご連絡下さい。
 『森林を学ぼう』
  ;(1)森林の機能について簡単に解説したもの
    (2)林業作業について簡単に解説したもの
    (3)森林・林業についてオリエンテーリングと絡めて簡単に解説したもの
[orienteering-ML 6064]