「トレイルランニング入門」出版のお知らせ


トレイルランニング入門(amazonへ)

■体裁=A5判・並製・カバー・208頁
■定価 1,890円(本体 1,800円 + 税5%)
■2005年4月15日
■ISBN4-00-024131-1 C0075 

村越です。

このたび、岩波書店より、4人の執筆者とともに「トレイルランニング入門:森を走
ろう」という本を出しました。明日には大きな書店には出ていると思います。
僕が書いたのはほんのわずかですが、富士登山駅伝2連覇の鏑木さんの文章がすばら
しい。菅原さん執筆のランニング用具と準備、留意点、山本ヒディーさん執筆のコー
スガイドなどもお役に立つはずです。

「とにかくトレイルランニングのレースは楽しい。未知の自然のコースを多くの人た
ちと走ることは本当に楽しい。ランニングのレースのような変なとげとげしさがなく
、参加する人たちは未知の自然の中に繰り出すという期待からか、スタート前の表情
も本当に明るい、これから何かワクワクすることが待っているというような期待感が
スタート地点を取り巻いている。・・・

(中略)

 また、子育てを終わった主婦は「スポーツ経験は今まで特になかったが、子供の手
もかからなくなり、何かスポーツということでランニング大会に出場しました。後尾
車に追いまわされ続け結果的には途中で制限時間オーバーのためリタイア。どうも走
ることは自分には向いていないと思いながらも新しい大会はないかとインターネット
をのぞいたところ、山の中を走るランニング大会があることを知りました。山の中な
ら後尾車もついて来れないだろうと参加。スタートしてすぐに山道に入り、はじめは
本当に山の中を走るのか驚きを感じていたが、しばらくすると自分自身が自然に溶け
込んでゆくような心地よい感覚を覚えるようになりました。体力不足からか未だ完走
は出来ていないが、今は山を走るという不思議な魅力にとり付かれています。」(鏑
木)

人をその気にさせる文章というのはこういうのを言うのでしょうね。


詳しい情報はこちら
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0241310/index.html