トレイルO情報メール2006年2月22日版

山口です。長文失礼します。

トレイルO情報メールです。11月以来の発行となります。久しぶりです。
栃木県,東京都,長崎県でイベントが行われます。

早くも2006年度世界選手権フィンランドの日本代表選考が始まります。
今年は選考会を行わず、過去の大会+全日本前日3/25の成績で選考するとのことです。
日本代表を狙う人もそうでない人も、全日本前日大会忘れずに御申込を。

5/21の九州大会は、JALの特別割引期間(バーゲンフェア)に当たっています。
http://www.jal.co.jp
マイレージクラブ会員の方は2/22、そうでない方は3/10で予約開始です。
全国から長崎まで片道約1000012000円です!
来年の全日本大会トレイルに備えて予習はいかがでしょう。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
『トレイルO情報メール』2005年2月22日版(発信者:山口(尚)(トレイルO研究会会員))

★今後の大会情報★
●3/25土 全日本前日ツーイベント[栃木県矢板市矢板運動公園]
         【要項を2/22版に掲載】全日本E権指定大会
      http://genesysmap.co.jp/zennihonzenjitsu2006-3-25.htm
      クラスA,B,N  締切3/12  当日申込あり

●5/6土7日 普及員養成講習会[東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター]
                            【要項を2/22版に掲載】
      http://www.orienteering.com/~trail-o/06yoyogikosyukai.doc
      締切4/16  当日申込?

●5/21日(予定) 九州大会[長崎県大村市大村公園]
      http://www.orienteering.com/~trail-o/j-index.htmlに掲載予定

●7/10月12火 世界選手権[フィンランドヘルシンキから500km]
                     【要項2(小山氏和訳版)を2/22版に掲載】
      http://www.orienteering.com/~trail-o/wtoc.html
      締切3/30→5/26→6/30、クラスE(併設あり)、当日なし(併設は可?)
 ※MTB-O世界選手権、フィン5(フット5日間大会)と同時開催
 ☆日本代表選考 http://www.orienteering.or.jp/newbb+v.t+56+f+3+p+117.htm#z117
  決定日本代表選手 田中淳一さん、木島英登さん

●10/1日 のじぎく国体デモ競技[兵庫県]
      http://www.orienteering.com/~trail-o/06hyogo.pdf

●2007年5月 2006年度全日本大会[長崎県大村市]
 ☆Eクラス資格 http://www.orienteering.or.jp/newbb+v.t+43+f+2+p+118.htm#z118

入手した各大会の要項(テキスト化したもの)は、巻末に添付します。

各大会の大会HPは、
オリエンテーリングコム http://www.orienteering.com/index-j.htm
または森を走ろう http://www.asobox.com/o/
もしくはトレイルO研究会HP: http://www.orienteering.com/~trail-o/
からもリンクされております。

★★要項一覧(重要情報のみ抜粋)
●3/25土 全日本前日ツーイベント[栃木県矢板市矢板運動公園]
全日本前日ツーイベント大会 ジェネシスツアー第2 戦
スプリント大会&06 ”トレイルO 矢板大会
開催日平成18 年3 月25 日(土) 会場 矢板市運動公園陸上競技場
駐車場 会場に多数用意
公共交通 JR 「矢板」駅より乗り合いバス(時刻表はウェブ上またはプログラムで案内)

☆スプリント大会(ジェネシスツアー2006 第2 戦)
使用地図「矢板市運動公園」縮尺 1:5,000 等高線間隔5m
競技形式ポイントO 、スプリントディスタンスEcard 使用
コースプランナー山川 克則
クラスM21,W21,M35,W35,M50,W50,B
注:B クラスは、グループでの参加も可能です。M クラスへの女性の参加も妨げません)
コース距離は、ほぼ全クラス同程度。難易度で差をつけ、優勝設定15 分前後
受付 12:0014:00
スタート12:3014:40(スタート時刻は事前に指定の上、ウェブ上に発表します)
注:当日開催されるJOA 主催の「オリエンテーリングフォーラム」の午後の部の開始時刻は
14 時です。スプリントレースを走った後の参加も可能なので、合わせてご参加下さい。
ゴール閉鎖16:00
参加費 B クラス以外1700 円(当日申込2200 円)
    高校生以下 700 円  Bクラス 500 円(当日申込1000 円)
(グループでの参加の場合、1 グループ500 円・当日参加1000 円)
E-Card レンタル300 円加算、マイカード持参可能

☆06 ”トレイルO 矢板大会
主催・主管日本トレイルO 研究会
使用地図スプリントで使用の「矢板運動公園」をトレイルO 用に修正した地図を使用。
縮尺その他の地図情報はプログラムで公表します。
競技形式トレイルO クラスA ・B ・N
受付 10:5014:50
スタート11:0015:00
ゴール閉鎖16:30
トレイルO のスタート時刻は予め指定しません、当日受付で指定します。
スプリントと両方に出る方はスプリントスタート時刻の2 時間前にトレイルのスタートをするか、スプリント終了後にトレイルO の
スタートをしてください。
スプリントのスタート時刻が14 時以降の方はトレイルを前に行うことを推奨します。
参加費 事前申込 当日申込
A=1500 円 2000 円
B=1000 円 1500 円
N=500 円 500 円
各クラス共高校生以下は500 円(当日申込も同じ)
この大会は平成18 年度全日本トレイルO 大会E 権取得の為の指定大会です。
この大会のA クラスの成績で、18 年度全日本トレイルO 選手権大会のE クラス出場権があたえられます。
コース距離・競技制限時間・地図情報・テレインプロフイールなど詳細は1 月に発表します。

実行委員長 田 中 博  営業責任者 藤島由宇  コースセッター岡本健一
地図修正 児 玉 拓  コントローラー高橋厚
若手実力者の岡本をコースセッターに迎へ、地図修正の第1 人者児玉がその腕を存分に発揮して、皆様に楽しんで頂けるコースを提
供いたします。
コントローラーは、世界選手権大会の競技責任者、高橋があたります。
又、初めての試みとして、大会に営業責任者を置き、障害者の参加、スポンサーの獲得、一般者への広報、オリエンテイアへの広報、
などに専念いたします。
なお、今大会への要望、ご意見、お問い合わせは藤島由宇(営業責任者)にお願いします。

○申し込み、参加費振り込み
メール申込
メール( )に下記申込内容を記入して送信して、参加費を振り込んでください。
所属(8 文字以内)
申込代表者(氏名、住所、電話番号)
クラススプリント大会(M21/W21/M35/W35/M50/W50/B )
トレイルO 大会(A/B/N )
氏名、年齢、E カードナンバー/要レンタル
参加費明細(各大会参加費+E-Card レンタル代)
振込先 (銀行/郵便局)
振込額合計¥()

郵送申込
メール申込と同様に、必要事項を記入して下記送付先へ郵送して、参加費を振り込んで下さい。通信欄に名前と参加大会及び参加クラ
スの記入を忘れずにお願い致します。
送付先
〒112-0015 文京区目白台1178104 (有)ジェネシスマッピング

振込先
銀行 みずほ銀行江戸川橋支店普8034996 口座名
郵便振替 00160-3-683796 加入者名
(有)ジェネシスマッピング
申込締切:2006 年3 月12 日(日)

会場申し込み受付
ジュニアチャンピオン大会(東京都)、関東リレー大会(栃木県)、早大OC 大会(静岡県)、
クラブ対抗リレー(埼玉県)、インカレミドル&リレー(愛知県)

●5/6土7日 普及員養成講習会[東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター]
トレイル・オリエンテーリング普及員養成講習会開催のお知らせ

東京都オリエンテーリング協会、神奈川県オリエンテーリング協会の共同主催により下記の
ように普及員養成講習会を開催します。この講習はトレイルオリエンテーリングの基礎から勉強
でき、代々木公園にて初心者コースの体験とコントロール設定の実習等ができます。
みなさまの参加をお待ちしております。

主 催  東京都オリエンテーリング協会・神奈川県オリエンテーリング協会
日 時  平成18年5月6日(土)9:30受付  7日(日)16:30解散
会 場  講義・宿泊 国立オリンピック記念青少年総合センター  実習 代々木公園
    東京都渋谷区代々木神園町3-1   小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分
       
カリキュラム  JOAの定める「トレイルO普及員養成講習会実施要領」に準拠して行います。
受講資格  オリエンテーリングの経験が2年以上ある者。
資格認定  講習会終了者には「トレイルO普及員」のJOA認定資格をあたえられます。
講 師  JOAトレイルO委員会および日本トレイルO研究会より派遣されます。
講習料  9,000円 (宿泊費、資料代等を含む。食事代は別) 講習料は当日徴収します。
定 員   20名 (先着順)
締 切  2006年4月16日(日)

申込方法  メール又ははがきにて次の事項を記入し、申し込んでください。
「トレイルO講習会申込書  氏名  フリガナ  性別  年齢  住所  電話番号 
   メールアドレス 所属  オリエンテーリング経験年数  トレイルO大会経験回数」
申込先  〒144-0052 東京都大田区蒲田11813 今井信親 宛
問合せ先  高橋厚(東京都協会) 044-954-7051 (推奨)
     今井信親(神奈川県協会) 03-5703-1160  (推奨)
その他   普及員資格認定を申請される方は別途、認定料2,000円が必要です。

講習会の主な内容(予定)    講義
1 トレイルOの競技方法       2 トレイルOの競技規則  
3 コース及びコントロールの設定技術 4 大会の運営方法
5 トレイルOの地図         6 日本及び世界のトレイルOの現状と今後の方向
 
実習 
1 簡単なコースの体験        2 コース及びコントロールの設定
3 トレイルOのための地図調査と作図 4 模擬競技

●7/10月12火 世界選手権[フィンランドヘルシンキから500km]
WTOC2006 Bulletin 2 主要部分のみ翻訳  文中ユーロ 1ユーロ=145円で換算

・開催期日:7月10日13日 於:Finland Joensuu
・イベント・センター:Kaprakka カプラッカ
・HelsinkiJoensuu空港 500Km レンタカーでもきつそう Joensuu空港Joensuu10Km
・Organiser IOF EA==ピーター・ガーマン(独)、National Controller ハヌ・ニエミ
・11 プログラム:
   7月10日(月) モデル・イベント、開会式
    11日(火) Day 1
    12日(水) Day 2、表彰式、閉会式&バンケット  
    13日(木) IOFクリニック
     WTOC 3名(障害の有無を問わず)、WPOC 3名(有障害者)

・15 地図・・・ISSOM2005に準拠
・16 コース: モデル=2.0km up30m
Day1 = 2.5km up40m
Day2 =2.5km up50m
17 テレイン状況:
Pamavaara・・沢山のクロスカントリー用のスキー・トラックがある。
 道の表面は良く、障害者の通行にも問題は無い。 
Lykynlampi・・競技会場は森の中。こちらもまたよい道が発達している。
 すこし急傾斜の場所があるが、臨時の介助者を要する場所はわずかである。
 両日ともエスコートが必要。
 良いテレインで、若い落葉樹から典型的なフィンランドの針葉樹まで 変化に富んだ森である。

18 トレーニング:競技会に先立ちKaprakkaとJoensuu市内に2か所の地図を用意。
19 気候と天候: 7月の前半は気候が安定する Finlandでももっとも
快適なシーズンである。日中温度は1525cでさまざま、夜は1020c.
日中は晴天か少し曇り。時には短時間の夕立や雷がある。
110 イベント・センター:FINO-Weekのイベントセンターは
Joensuuのセンターの中学校にある。レストラン、ハード・フロアの宿泊場所もるあるはず。(略)
開会式、表彰式は町の中心広場で行われる。ただし、WTOCのイベント・センターはKaprakka。

111 交通・輸送:WTOC2006hの競技会場への往復の定期バスはFINO-WeekのイベントセンターとWTOCのイベント・センター(Kap
rakka)から発車。競技者、official、メディア関係者、IOF関係者、WTOCゲストすべ゛てが利用可能。自分の車を利用することもOKだ
が、運営者は公式運送機関の利用を推奨。
競技会場まではFINO-Weekのイベントセンターから512K、WTOCのECからは15-10K. Joensuu空港、駅から宿舎への輸送も可能。30
ユーロ (約4350円) / 1人 / 週 (車椅子利用者も同じ)
レンタ・カーについてはスペシャル・ディスカウントあり。直接会社へ連絡のこと。(略)
112 宿舎と食事;Kaprakka リハビリテーション・センターに選手、officialのための3タイプの宿舎を提供。殆どは冬季の間、
学生が寝泊りするアパートメント。13の寝室、居間と小さなキッチン。

タイプA:メイン・ビルディングにあるホテル・・・車椅子フリー・アクセス、
シングル 60ユーロ=8700円/1人/一晩 ダブル  42ユーロ=6090円/1人/一晩

タイプB:ファースト・クラス・ホステル・・・車椅子フリー・アクセス、
ダブル  33ユーロ=4785円/1人/一晩

タイプC:セカンド・クラス・ホステル・・・・ 通常アクセスのみ(車椅子不適)
ダブル  27.50ユーロ=3987.5円/1人/一晩       以上、すべて朝食を含まず。
・ミールチケットを販売する。朝、昼、イブニング・ミール(夕軽食)、ディナーはホテルのレストランで。11,12日の昼食は競技会場
のレストランで。
  朝食、イブニング・ミール(夕軽食)・・・5.40ユーロ= 783円
昼食・・・・・・・・・・・・・・・・・6.40?ユーロ= 928円
夕食・・・・・・・・・・・・・・・・18.00ユーロ=2610円

113 エントリー: 最初のエントリーではエントリー・フォームの各条項を記載すること。
T1:各国チームの参加人数、宿泊、食事、運送に関する予約を含む・・・3月30日必着
             5月30日までの入金を以って確定となる。
2:各国チームの最終エントリー(選手、officialの氏名、性別、生年月日)は5月26日必着。
3:詳細はBulletin3で。最終の氏名エントリーは6月25日必着。     
  選手およびofficialのエントリー費用は 130ユーロ= 18,850円 / 1人
   これには以下のものを含む:・WTOCおよびモデル・イベント競技参加
   ・競技用地図および正解表 ・スタートリスト、成績表 ・開会式、バンケット
  エスコートおよび医学的アシスタントの参加費は 50ユーロ= 7,250円

116 支払い:全ての費用は以下に送金のこと。5月26日までに送金のこと。  以下略-
117 フィンランド入国のビザについて。 (略)日本はビザ不要

118 一般併設大会:フィンランドOウィークにはFIN5、MTBWOC、
WTOCの3種類の競技が含まれる。FIN5の毎日、トレイルOのオープン競技を開催する。
WTOCの11,12日はオープン・レース(併設大会)を開催する。
詳細はFIN5のHP http://fin5.kalevanrasti.fi/

121 さらなる情報は: WTOC2006 ://mtbwoc2006.orienteering.org/

以上:問合せは こやまたろう   まで。

☆日本代表選考 http://www.orienteering.or.jp/newbb+v.t+56+f+3+p+117.htm#z117

2006世界トレイルO選手権大会(WTOC)の日本代表選手について、選考会を行わず次により選考する。

第2回日本トレイルO選手権大会(2005JTOC・11/26、滋賀)の優勝者は2006WTOCの選手とする。
他の選手は、トレイルO委員会の定める選手選考委員において、次の大会の成績を総合的に判断して2006年4月10日までに決定する。
2005世界トレイルO選手権大会(8/12,13、愛知)、
2005WTOC併設Eチャレンジ(8/12,13、愛知)、
2005JTOC(11/26、滋賀)、
白石島トレイルO大会(12/17、岡山)、
全日本前日ツーイベント大会06トレイルO矢板大会(3/25、栃木)

パラリンピッククラスの選手選考も同様とするが、対象となる大会は下記の4大会とし、2006年5月20日までに決定する。
2005世界トレイルO選手権大会(8/12,13、愛知)、
2005JTOC(11/26、滋賀)、
全日本前日ツーイベント大会06トレイルO矢板大会(3/25、栃木)
第4回トレイルO九州大会(5/14、長崎)

——————————————————————————–
選手の選考は、JOAトレイルO委員会の中から選手としての参加を希望しない者に監督予定者を加えた選考委員会が行い、代表選手を決
定します。
なお、監督には高橋厚氏(多摩OL)が就任することとなりました。

この件に関するお問い合わせは、櫻内保幹(さくらうちやすよし・JOAトレイルO委員長)までお願いいた
します。

☆Eクラス資格 http://www.orienteering.or.jp/newbb+v.t+43+f+2+p+118.htm#z118

第3回全日本トレイルO選手権大会 選手権クラス出場資格について (2006-1-26)
第3回JTOC(長崎)のE権について、次の通りとしましたのでお知らせいたします。

——————————————————————————–
第2回全日本トレイルO選手権大会において、Eクラス上位20位以内、Aクラス上位3位以内の成績をおさめた者。
第2回全日本トレイルO選手権大会後から平成18年度内(2007年3月31日)の指定大会において既得権者を含める上位5名以内の成績
をおさめた者。
パラリンピッククラス、指定大会運営者等については別途公表する。

これにより、去る2005年12月17日に岡山県で開催された白石島トレイルOのAクラス上位5名にはE権が与えられる事となりました。

条件大会名 第2回全日本選手権(2005年11月26日)
Eクラス上位20位
田中 淳一(埼玉県鴻巣市)、伴 毅(OLC東海)、鈴木 規弘(多摩OL)、
内藤 愉孝(静大OLC)、小林 康浩(大阪OLC)、水嶋 孝久(入間市OLC)、
山口 尚宏(入間市OLC)、山口 拓也(北大OLC)、茅野 耕治(ワンダラーズ)、
田中 徹(京葉OLクラブ)、木村 洋介(豊中市)、西沢 敦(東京OLC)、
岡 英樹(東工大OLT)、吉村 年史(京葉OLクラブ)、福田 雅秀(川越OLC)、
桜井 郁也(OLC東海)、高野 由紀(東京OLクラブ)、児玉 拓(多摩OL)、
山口 征矢(川口OLC)、長友 志朗(長崎県OL協会)、高橋 厚(多摩OL)

Aクラス上位3位
松澤 俊行(三河OLC)、早野 哲朗(京葉OLクラブ)、大久保 裕介(ES関東C)
 
条件大会名 白石島トレイルO(2005年12月17日)
Aクラス上位5位 杉本光正(東京)、田代雅之(静岡)、茅野耕治(神奈川)、山口尚宏(愛知)、岡野英雄(愛知)

以上本文です。

※このメールは今後のトレイルO関連イベント(練習会,大会,講習会)の
 情報をお知らせするものです。トレイルOの情報の提供を希望した皆様と
 トレイルO研究会ML・オリエンティアMLに、Bccで発信しております。
 今後のトレイルOの競技,運営などにお使いください。

→オリエンテーリングコム運営者 木村さん、
 森を走ろう運営者       清水さん
 トレイルO研究会ホームページ管理者 藤島さん
 必要に応じて、適宜情報掲載お願い致します。

※本メールがご不要の方,送付先を変更される方は、発信者の山口
 お知らせください。メールアドレスが変更され、メールが不着となるように
 なった際は、大変申し訳ありませんが、送付先から削除致します。

※ご意見,改善提案,新規送付希望などありましたら、こちらも発信者の
 山口 へお知らせください。どうぞ宜しくお願い致します。
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
山口尚宏@愛知県春日井市
Home: y-n◆yan.ne.jp Mobile: y-n.311000.◆docomo.ne.jp(◆を@)
*5日以内に返信が必要なメールはHome・Mobile両方に
 送付お願い致します。深夜でも受取大丈夫です。
*9/17から高速回線になりました。大容量データOKです。