冬季アジア大会2011情報


SAJ登録の可能性(2010/3/8)
JOAはJOCに未加盟
スキーO、冬季アジア大会2011の正式競技に(2010/2/24)

ページトップに戻る
武石です。

最初に、冬季アジア大会(AWG)2011のことです。

JOAはJOCに加盟していないため緊急的な対策が必要です。
3月にJOC代表がカザフスタン会議で詳細を持ち帰り、加盟団体だけに説明する様子。

過去にチェスが準(仮)加盟して参加の例があるそうですが、現在加盟している52団体に
チェスの団体は見られません。

JOA事務局はフットのアジア選手権で多忙の様子。加盟交渉の結果が心配です。
仮に今回、準加盟で切り抜けると次回や2018オリンピックで再燃することになり、IOFの
意図に沿わないのではないかと思います。
選手をAWGに派遣させるためには、過去のスノーボードのようにスキー連盟(SAJ)に
登録することも検討しています。
両団体への登録が何かの規定違反でなければ手を打っておく必要を感じます。
スキーO選手(選考レース希望者)を研究会でまとめ、SAJの地方連盟に一括登録することで
JOC加盟団体の一員になれるし、個人負担が年3000円程度。SAJ公認レースに出場できます。

選手の意見を待ちます。



ページトップに戻る
 武石です。

 心配なのはJOAがJOCに未加盟団体であることです。

JOCからの回答は、
「現在、選手団の編成等の詳細が決定しておりません。
3月下旬に開催される各国・地域の団長が集まる会議において、大会概要等の詳細が
説明されます。それを受けて本会にて選手団編成の詳細について協議し、決定した内
容を実施競技団体(本会加盟団体)へ説明を行います。」

どんな形でも選手が派遣できるようにSAJ登録等の検討しています。
選手候補者の皆様、希望を持ち新たな目的に向かってトレーニングしましょう。



ページトップに戻る
  武石です。

  スキーオリエンテーリングが、第7回冬季アジア大会2011年(カザフスタン)の
  正式競技となったとはうれしいことです。

  未だ、代表選考及び派遣人数は不明ですが、種目にリレーがあることから推察すると
  W&M各最低3名+補欠の選考を予想します。

  週末は、北欧の杜スキーO大会結果がWOC2011の対象になっています。
  アジア大会の代表選考は別示することになると思いますが、代表選考は広く門戸の開放をし、
  可能性のある者に挑戦する機会を与える必要があると考えます。

  スキーOルールはオリンピック(メデア)に向けてカテゴリにスプリントリレー、エキストラロングを加えました。
  上位を目指すにはそれぞれのエキスパートを養成する必要も感じます。